ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    【新型コロナウイルス】新型コロナウイルス感染症の再拡大を受けた市長メッセージ

    • [更新日:2022年1月7日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    (感染の現状とオミクロン株の性質)
     一時期沈静化していた新型コロナウイルスの感染が、全国的に再び勢いを増しています。奈良県では年末から新規感染者が増え始め、1月5日からは急増しています。本市も再び増加に転じてきました。これを受け、本日から生駒市消防本部の新型コロナウイルス感染者の特別救急搬送専属隊も再開しました。
     オミクロン株は、毒性が比較的弱く、重症化する人の割合が低いと言われています。一方で、ワクチンを接種した若い世代や、従来は感染しにくいとされていた子供や乳幼児にも感染が多くみられることから、感染力の強さがうかがえ、急激な感染拡大の恐れがあります。


    (市の対応方針の考え方)
     本市は、昨年11月の国の方針に基づき、単に感染者数だけではなく、病床使用率、重症者の病床使用率、在宅療養者数なども含めた指標を総合的に勘案して感染状況を判断し、公共施設や学校などの対応方針を決定します。
     このため、感染者が急増した場合でも、病床使用率などに比較的余裕があるうちは、直ちに対応レベルを引き上げることはありません。


    (ワクチン接種について)
     ワクチン接種の有無に関わらず感染する可能性が指摘される一方で、接種による感染防止や感染時の症状が緩和されるという見解があるのも事実です。今からの接種を検討される方は、市ホームページ(https://www.city.ikoma.lg.jp/0000028111.html(別ウインドウで開く))をご覧ください。

     3回目のワクチン接種は、国の方針を踏まえ、2回目接種後6カ月半程度で接種券を送付し、7カ月後をめどに接種を行います。12月下旬から順次接種券を発送し、接種は市立病院で12日から、市内診療所で17日から、市の集団接種で23日から開始します。今後のワクチン接種の方針は近日中に改めてお知らせします。


    (換気をはじめとした感染対策へのご協力を!)
     オミクロン株は感染力が強いため、不要不急のまん延防止等重点措置地域への往来は避けてください。また、手洗い・マスクの徹底の他、寒い季節ではありますが今まで以上に「換気の徹底」をお願いします。
     飲食店の皆さまは、奈良県の認証制度の取得をお願いします。同時に、市民の皆さまは、不要不急の会食の抑制、県の認証を取得した店の利用、人数(県の認証を取得していない店やワクチン未接種者を含む場合は4名以下)への配意、食事後の会話時はマスク着用の徹底にご協力をよろしくお願いします。


     市も、3回目のワクチン接種の速やかな実施、国の交付金を活用した市民や事業者の皆さまへの支援策を講じます。ご理解、ご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。


      生駒市長 こむらさき雅史

    [公開日:2022年1月7日]

    ID:28314