ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    【新型コロナウイルス】生駒市独自の「感染拡大緊急警報」の再延長に伴う市長メッセージ

    • [更新日:2021年9月10日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    本日、市独自の「感染拡大緊急警報」を9月30日まで延長することを決定しました。
    延長の理由及びそれに伴う具体的な措置や支援の内容はこちらのページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。
    事業者支援に関する予算案は現在開会中の生駒市議会に提案しており、ご審議いただくこととなっています。
     
    今回、特に議論を重ねたのは学校や園における教育活動の在り方です。

    前回の警報延長時に、本市では、学校生活の中で特に感染リスクの高い給食と部活動を避けつつ、学びの機会を保障するため、午前は学校で授業を行ったあと、給食をとらずに下校し、午後は自宅でオンライン授業を受けてもらうことにしました。
    体育や実技を伴う授業は午前中に行い、午後はオンライン対応がしやすい科目を学びます。

    保護者の方からは、このような本市の対応に対し、一定のご評価をいただいています。
    一方で、「終日休みにして、オンライン対応にしてほしい」というお声から、「共働き家庭には、弁当作りや昼食の作り置きが厳しい」「幼稚園児が毎日午前で帰宅するのは大変」「低学年はオンライン授業に一人で対応できないので、家族の負担が大きい」というお声まで、多様なご意見をいただいているのも事実です。
    特に、この数日は市内の感染者数が減少傾向であることから、給食を希望される声が増加しつつあるようです。

    しかしながら、本市では本日も12人の感染者が発生しており、7日間の累計数は緊急事態宣言レベルの2倍以上の水準です。10代の感染も数多く報告されています。
    また、本日、大阪府をはじめとする本市周辺地域への緊急事態宣言を9月30日まで延長する方針を国が示しており、大阪府に通勤・通学する市民が多い本市においてはこの方針を踏まえて決定をすることが必要です。
    さらに、自宅療養者、入院・入所待機者についても、9日現在、県全体で550人おられることから、本市でも60人近い方が同様の状況にあると推定されます。

    このような状況に鑑み、30日までの警報を延長せざるを得ないと決断しました。これに伴い、学校についてもこれまでと同じ措置を、原則として30日まで継続することとします。
    さまざまなご意見もあろうかと思いますが、第5波の感染拡大にしっかりと終止符を打つため、感染防止と学びの保障を両立させるため、なにとぞ今しばらくのご協力・ご理解をよろしくお願いいたします。

    なお、現時点では、9月30日までを警報発令期間としておりますが、国の新型コロナウイルス感染症対策分科会が昨日発表した「緊急事態措置解除の考え方(別ウインドウで開く)」に示されている基本的考え方や関係指標、新規陽性者数などを踏まえ、発令期間を「短縮又は延長する可能性がある」ことを申し添えます。

    最後になりますが、皆さまに2つお願いがあります。前回の延長時のお願いと同じですが、大切なことですので、もう一度言わせてください。

    1つ目は、ワクチンの接種についてです。既にお知らせしている通り、本市では、10月中に、希望するすべての市民が接種を完了できるワクチン量を確保し、接種体制を構築しています。しかし、接種率が上がらなければ、感染抑止効果が限定的になってしまいます。
    ワクチン接種は強制するようなことがあってはなりませんし、接種しない人が不当な扱いを受けることがないようにしなければなりません。健康上の理由等でどうしても接種できない方もおられます。しかし、科学的な根拠に基づかない情報などを聞いて不安な人は、ぜひかかりつけ医への相談や厚生労働省のホームページから正しい知識を得て、早期の接種検討をお願いします。
    本市では、高齢者のはがき予約の受付、障がいや外国人へのきめ細やかな情報提供や接種会場での配慮などを行った結果、65歳以上では93%を超える接種率を達成しています。64歳以下の皆さまに対しても、接種できる診療所の情報の提供、夜間や週末の接種体制の強化など、接種を希望する方が円滑に接種できるよう、取り組みを講じています。
    接種率が高まり、感染抑制にしっかりとつながるよう、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

    2つ目は、マスク着用の徹底や不要不急の外出自粛など、感染防止の基本を改めて徹底することです。ワクチンを2回接種しても感染リスクがゼロになるわけではありませんし、ご家族や友人などを感染させる可能性があります。接種したからと言ってマスクの着用などをやめたり、不要な外出などにより感染拡大を引き起こしたりすることは厳に避けてください。
    また、会食は控え、買い物などでの外出もなるべく混雑しない時間帯を選んで必要最小限の人数・頻度にしていただくほか、通勤についても時差出勤やテレワークなどのご活用をお願いします。

    本市のワクチン接種は、当初ご説明申し上げていた通り、現在順調に進んでおります。今が最後の踏ん張りどころです。
    皆さまのご理解・ご協力を今一度よろしくお願い申し上げます。

    生駒市長 こむらさき雅史

    お問い合わせ

    [公開日:2021年9月9日]

    ID:27296