ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    【新型コロナウイルス】緊急事態宣言を受けての市長からのメッセージ

    • [更新日:2020年4月17日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    市民の皆さまへ

     先ほど、安倍内閣総理大臣より、大阪・兵庫を含む7都道府県に緊急事態宣言が発令されました。
     奈良県は今回の宣言の対象地域ではありませんが、本市は対象地域に指定された大阪の通勤・生活圏であり、強い警戒が必要です。また、奈良県内でも連日新たな感染者が発表されており、予断を許さない状況が続いています。
     政府のコロナウイルス専門家会議では、人と人の接触を普段の8割減らすことで感染が収束に向かうとするシミュレーションをまとめました。宣言が出た今こそ、当たり前だと思っている都市部への通勤や外出などを見直していただき、一人ひとりが行動を変え、まち全体で皆さま自身と大切な方々の命や社会を守ってください。
    4月からの再開を予定しておりました学校・園につきましても、休業を延長しました。感染拡大防止のため、子どもたちの学びと成長の場を休業にしていることの意味を今一度しっかり考えてください。よろしくお願いいたします。

    ■市民の皆さまへ
     これまでも市民の皆さまには、不要不急の外出自粛をお願いしてきたところですが、この危機的状況をご理解の上、宣言の対象地域である大阪・兵庫への外出を差し控えていただくよう、強く要請いたします。
     
     本市は就業者の半分が大阪府に通勤されています。緊急事態宣言後も、どうしても電車で通勤しなくてはならない方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、この宣言が出たことで、より多くの事業者で、テレワークでの勤務や時差出勤などを認める動きも出ています。職場にテレワークや時差出勤の制度がございましたら、可能な限り積極的にご利用をお願いします。そのことが、ご自身はもちろん、ご家族、ひいては地域の皆さまへの感染拡大の防止につながります。
     
     また、これまで以上に「3密(密閉・密集・密接)」を避けることが重要となります。感染者が大きく増加する地域には必ず「クラスター」という感染の集団発生場所があります。このようなクラスターの発生を防止するためには、多くの人が集まり、閉じられた空間で、近接して会話する状態を避ける、3密の回避が何より大切です。「生駒市からクラスターを絶対に発生させない」という決意をもって、市民と行政、すべての関係者ができることに全力で取り組んでいきましょう。
     一人ひとりができることとして、手洗い・マスクの着用といった予防策の徹底も引き続きお願いいたします。

     加えて、食料品・日用品・医薬品の買い占めは厳に慎んでください。緊急事態宣言が発出されたとしても、市中には十分な物資がありますし、生活に必要な物資を購入する店舗やそこに物資を供給する機能が停止するわけではありません。今こそ生駒市民の良識、市民力の高さを発揮していただくときです。冷静なご対応をなにとぞよろしくお願いいたします。

    ■市内の事業者の皆さまへ
     本市といたしましては、この度、発表されました国の緊急経済対策に関して、事業者の皆さまの活用が進むよう商工関連団体と連携し、積極的な情報提供を行っていきます。
     あわせて、市独自の市内事業者支援の取組として「コロナフリーキャンペーン」を実施します。まずは、大きな影響を受けている飲食店を支援するため、商工会議所と連携し、市のホームページにテイクアウトやデリバリーメニューを展開する店舗の情報提供や商工会議所によるYouTubeチャンネルによる発信を実施します。今後も、公民連携による取組みなども含め、支援策を講じていきます。
     事業者の皆さまは、テレワーク勤務や時差出勤など従業員の皆さまの柔軟な働き方を支援してください。市としても、テレワークの導入などに対する助言等の支援を行います。

    ■市として取り組むこと
     このほか、感染拡大を防ぐため、現在開館している公共施設のサービス縮小や休館措置を実施します。市民の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解をよろしくお願いいたします。各措置によって市民生活に影響が出ている件につきましては、上記の事業者支援の他、ICT機器を活用した子どもたちの自宅学習支援の検討・実施など、あらゆる角度からの対策に迅速かつ着実に取り組みます。
     また、生駒市では、職員の約15%が大阪や兵庫から勤務しています。業務や家庭の事情等で困難なケースを除き、原則として時差通勤を行い、感染のリスクを極力減らします。緊急事態宣言の対象地域への出張を避け、テレワークによる会議などの工夫を講じます。また、緊急事態宣言を受けて子育てなどの対応が必要となる職員については特別休暇制度の取得を推奨するとともに、大阪や兵庫に住んでいる職員を中心にテレワーク勤務に順次切り替えてまいります。

     後になって振り返った時に、コロナウイルスで大変だった時期に、生駒市民や生駒市の職員は必死で知恵を出し、冷静に行動した結果、感染拡大を防ぐことができたと言えるよう、今が踏ん張り時です。
    生駒市民の皆様のご協力を重ねてお願いして、私からのメッセージといたします。


    令和2年4月7日
    生駒市長 こむらさき雅史



    お問い合わせ

    生駒市市長公室秘書課

    電話: 0743-74-1111 内線(秘書係:204)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2020年4月7日]

    ID:21332