ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    【新型コロナウイルス】生駒市独自の「感染拡大緊急警報」の発令に伴う市長メッセージ

    • [更新日:2021年8月2日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     生駒市は、本日、市独自の「感染拡大緊急警報」を再発令することを決定しました。期間は、大阪府等の緊急事態宣言の期間に合わせ、原則として、本日8月2日(月曜日)から8月31日(火曜日)までです。
     https://www.city.ikoma.lg.jp/cmsfiles/contents/0000026/26953/20210802.pdf
     
     今回、再度の警報発令に至った理由は、次の3点です。
     第一に、生駒市や奈良県における急激な感染者数の増加。8月1日には本市における直近1週間の人口10万人当たりの陽性者数が33.33人とステージⅣ(緊急事態宣言相当:人口10万人当たり25人)の水準を上回りました。
     第二に、県内の医療提供体制も、入院病床使用率や入院率などの指標がステージⅢ(感染急増段階)相当になっていること。
     第三に、夏休みやお盆を迎える中、デルタ型変異株の増加による感染が今後拡大することが懸念されていること。
     以上から、警報を再度発令して急激な感染増加を防ぐ必要があると判断しました。

     私から皆さまにお願いしたいことは以下のとおりです。
     緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が適用されている地域はもちろん、県外への不要不急の外出や移動を控えてください。飲食店を利用する必要がある場合も、感染対策が徹底されている店舗を少人数、短時間で利用し、食事と会話の時間をしっかり分け、マスクを外して会話をしないことを徹底してください。
     また、ワクチン接種後も感染リスクがなくなるわけではありませんし、家族をはじめ他の人を感染させる可能性があります。ワクチン接種後も、引き続き、マスク、手洗い、定期的な換気など基本的な感染対策に努めてください。

     事業者の皆さまには、業種別ガイドライン等を参考に、各種支援も活用しながら、感染防止策への取り組みを改めて積極的に講じてください。奈良県の認証制度への申請も検討いただき、お客様の感染リスクをできるだけ抑制するための取組みにご協力をお願いします。

     なお、本日、奈良県に対し、感染拡大を受けての緊急要望を行いました。
     市町村が、感染した市民やその家族を効果的に支援するために必要な情報共有、奈良県が進めている飲食店の認証審査の迅速化のほか、まん延防止等重点措置を国に要請することなどを要望しています。
     https://www.city.ikoma.lg.jp/cmsfiles/contents/0000026/26953/0802youbou.pdf
     飲食店への時短要請等については、今後、県や国の動きも踏まえながら、検討・判断します。

     第4波が落ち着いて以降、市内で地域活動が少しずつ再開し、まちに賑わいが戻りつつあることを私もうれしく感じていました。そんな中で、再度警報を発令し、地域活性化のムードに水を差すことは大変心苦しいばかりです。しかしながら、冒頭で述べたような状況に鑑み、苦渋の判断で「感染拡大緊急警報」を発令したことをご理解賜りますようお願いいたします。
     夏休みの期間中の緊急警報発令により、特に子どもたちの夏休みに「感染防止」のための制約をかけてしまうことにも心が痛みますが、例えば、感染防止に配慮しながら、県内の屋外施設などで休暇を楽しむことは問題ありません。こんな状況下ではありますが、子どもたちが素敵な時間をすごせるよう、ご家庭や各地域でもお力添えいただければ幸いです。

     国からのワクチン供給が不透明な状況ですが、生駒市ではワクチン接種のための万全の体制を構築しています。ワクチンが供給され次第、64歳以下の皆さまにもさらなる予約枠を開放し、すみやかに接種を進めます。
     市民の皆さまには長きにわたって多くのご不便をお願いしておりますが、これが最後の緊急警報となるよう、市でもワクチン接種をはじめ全力を尽くしてまいりますので、皆さまのご理解・ご協力を今一度よろしくお願い申し上げます。

     生駒市長 こむらさき雅史

    [公開日:2021年8月2日]

    ID:26952