ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    【新型コロナウイルス】生駒市の「感染拡大緊急警報」の延長に関する生駒市長メッセージ

    • [更新日:2021年11月28日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     本日、国が大阪府、京都府、兵庫県をはじめとする全国9都道府県に対する緊急事態宣言を、また、奈良県が「緊急対処措置」をそれぞれ6月20日まで延長することの発表がありました。
     これらを受け、生駒市の「感染拡大緊急警報」を6月20日まで延長するとともに、飲食店に対する時短要請と協力金の支給等の措置・支援を延長いたします。
     詳細については、本日報道発表したとおりです。

     生駒市独自の「感染拡大緊急警報」期間を6月20日(日曜日)まで延長
     【6月20日まで期間延長】生駒市独自の時短協力支援金

    <警報の再延長に至った理由・背景>
     4月19日の感染拡大緊急警報発令以降、みなさまのご協力を得て、生駒市の直近1週間の感染者数は13人(5月27日現在)と、国が定める基準でステージⅡまで落ち着いています。このように改善がみられる状況にもかかわらず、「感染拡大緊急警報」を延長した理由は以下のとおりです。
     第1に、県内の重症病床使用率は66%と、改善はみられるもののまだ高水準であること。
     第2に、大阪、京都、兵庫の緊急事態宣言が6月20日まで継続されたこと。近隣地域に宣言が出て、これらの地域から当市に人が集まり感染リスクを拡大する懸念が払しょくできないこと。
     第3に、インド株という新たな変異株の感染が確認されていること。従来株の約2倍、猛威を振るったイギリス型の1.5倍の感染力を持つともいわれるインド株による感染拡大の可能性が多くの有識者から指摘されていること。
     これらを踏まえ、難しい判断ではありますが、6月20日まで警報を継続することとしました。

     生駒市では、ワクチン接種の体制についても急ピッチで整備を進めており、高齢者向け接種を7月末までに完了し、その他の市民の皆様も、一日も早く接種できるよう、全力で取り組んでいます(週明けにも具体的な接種体制・スケジュールを発表します)。
     市民や事業者の皆様には、引き続き不自由で制約のある生活を今しばらくお願いすることとなり大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。


     生駒市長 小紫 雅史(こむらさき まさし)

    [公開日:2021年5月28日]

    ID:26457