ページの先頭です

軽自動車税

[2018年4月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽自動車税について

ダウンロードデータ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2014年度(平成26年度)及び2015年度(平成27年度)税制改正により、軽自動車税の税額が変更されています。

(1) 原動機付自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車の軽自動車の軽自動車税については、登録されているすべての車両の税額が平成28年度から変わりました。

(2)三輪及び四輪の軽自動車について、グリーン化を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した車両に重課税率が導入されました。

(3)三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が延長されました。平成31年度の対象車両は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規取得した車両(新車に限る)で、一定の環境性能割を有するものにのみ適用されます。

 

対象者

毎年4月1日現在、市内に主たる定置場(常に保管している場所)のある軽自動車などを所有している人

申告の義務

軽自動車などを取得したときや、譲渡や廃棄、盗難などの理由で、これらの車を所有しなくなったときは、速やかに申告してください。廃車申告をしないと所有しているものとして翌年度も課税されます。

軽自動車の種類と税額

軽自動車税には月割課税制度はありませんので、4月2日以降に譲渡や廃車等の申告をされても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。

原動機付自転車

総排気量が50cc以下(定格出力600w以下)

  ・2,000円

総排気量が50ccを超え90cc以下(定格出力600wを超え800w以下)

  ・2,000円

総排気量が90ccを超え125cc以下(定格出力800wを超え1000w以下)

  ・2,400円

ミニカー

  ・3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用

  ・2,400円

その他(フォークリフトなど)

  ・5,900円

二輪の軽自動車

総排気量が125ccを超え250cc以下

  ・3,600円

二輪の小型自動車

総排気量が250ccを超えるもの

  ・6,000円

被牽引車

ボートトレーラなど

  ・3,600円

軽自動車

三輪車(総排気量が660cc以下)

  • 平成27年3月31日以前の新車登録(旧税額)
     3,100円
  • 平成27年4月1日以降の新車登録(新税額)
     3,900円
  • 新車登録後13年超(重課税額)
     4,600円

四輪以上乗用で自家用

  • 平成27年3月31日以前の新車登録(旧税額)
     7,200円
  • 平成27年4月1日以降の新車登録(新税額)
     10,800円
  • 新車登録後13年超(重課税額)
     12,900円

四輪以上乗用で営業用

  • 平成27年3月31日以前の新車登録(旧税額)
     5,500円
  • 平成27年4月1日以降の新車登録(新税額)
     6,900円
  • 新車登録後13年超(重課税額)
     8,200円

四輪以上貨物で自家用

  • 平成27年3月31日以前の新車登録(旧税額)
     4,000円
  • 平成27年4月1日以降の新車登録(新税額)
     5,000円
  • 新車登録後13年超(重課税額)
     6,000円

四輪以上貨物で営業用

  • 平成27年3月31日以前の新車登録(旧税額)
     3,000円
  • 平成27年4月1日以降の新車登録(新税額)
     3,800円
  • 新車登録後13年超(重課税額)
      4,500円

軽自動車(四輪以上及び三輪車)の重課税額について

  • 軽自動車税のグリーン化を進める観点から、新車登録から13年を経過した軽自動車の税額を平成28年度から重課するものです(電気軽自動車・天然ガス軽自動車・メタノール軽自動車・混合メタノール軽自動車・ガソリン電力併用軽自動車・被けん引車は除く)。
  • 平成18年3月までに新車登録した軽自動車は、平成31年度課税から重課税額となります。
    なお、初度検査年月については、車検証の「初度検査年月」欄で確認できます。

グリーン化特例(軽課)について

平成30年4月1日から平成31年3月31日までに新規取得した車両(新車に限る。)で、一定の環境性能を有するものについては、その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が平成31年度の軽自動車税にのみ適用されます。

•「電気自動車等」とは、電気自動車及び天然ガス自動車を指します。
天然ガス自動車は、平成21年排出ガス規制に適合し、かつ平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないものに限ります。
•ガソリン車・ハイブリット車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。
また、燃費基準の達成率によって軽減率が異なります。


四輪・乗用・自家用

  • 電気自動車等  2,700円
  • 平成32年度燃費基準+30%達成車  5,400円
  • 平成32年度燃費基準+10%達成車  8,100円

四輪・乗用・営業用

  • 電気自動車等  1,800円
  • 平成32年度燃費基準+30%達成車  3,500円
  • 平成32年度燃費基準+10%達成車  5,200円

四輪・貨物・自家用

  • 電気自動車等  1,300円
  • 平成27年度燃費基準+35%達成車  2,500円
  • 平成27年度燃費基準+15%達成車  3,800円

四輪・貨物・営業用

  • 電気自動車等  1,000円
  • 平成27年度燃費基準+35%達成車  1,900円
  • 平成27年度燃費基準+15%達成車  2,900円

申告場所

  • 原動機付自転車・小型特殊自動車(50cc以下のもの)
     生駒市役所課税課
  • 二輪の軽自動車(125ccを超え250cc以下のもの)
     奈良県軽自動車協会(住所 大和郡山市額田部北町981番地の8、電話0743-58-3700)
  • 二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)
     奈良運輸支局(住所 大和郡山市額田部北町981番地の2、電話050-5540-2063(登録部門))
  • 軽自動車(三輪・四輪)
     軽自動車検査協会奈良事務所(住所 大和郡山市額田部北町980番地の3、電話050-3816-1845(コールセンター))

必要書類については、車の種類などにより異なりますので、それぞれの申告場所へ問い合わせてください。

原動機付自転車(125cc以下)の手続きについて

原動機付自転車(125cc以下)は市役所での登録・廃車などの手続きが必要です。下記の事項が生じた場合、申請書と手続きに必要なものを添えて速やかに手続きをしてください。

登録などの手続き

購入による登録、譲り受けによる登録、転入による登録

  • 販売証明書・譲渡証明書・廃車証明書など
  • 印鑑
  • 届出者の本人確認ができるもの(免許証など)
  • ナンバープレート(バイクについている場合は必要)

ナンバープレート紛失による再登録

  • 標識交付証明書
  • 紛失弁償金として100円
  • 印鑑
  • 届出者の本人確認ができるもの(免許証など)

市内の人からの名義変更

  • ナンバープレート(変更する場合のみ必要)
  • 標識交付証明書
  • 新所有者の印鑑、旧所有者の印鑑もしくは譲渡証明書
  • 届出者の本人確認ができるもの(免許証など)

廃車などの手続き

スクラップによる廃車、譲渡による廃車、転出による廃車

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑

盗難による廃車

まず、最寄りの警察署で盗難届を提出し、受理番号を確認のうえご来庁ください。

  • 標識交付証明書
  • 印鑑
  • 届出者の本人確認ができるもの(免許証など)

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.