ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    「いこま市民パワー株式会社」を設立しました!

    • [更新日:2021年8月3日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     
    生駒市は、平成29年7月18日に、エネルギーの地産地消、地域活性化を目指し、大阪ガス株式会社、生駒商工会議所、株式会社南都銀行、一般社団法人市民エネルギー生駒と共同で、地域エネルギー会社『いこま市民パワー株式会社』を設立しました。
    自治体が出資する電力小売り会社の設立は、奈良県内で初めての試みであり、さらに市民団体も参画する事例は全国初となります。

    左から、(株)南都銀行生駒支店長 竹本和靖(監査役)、生駒商工会議所専務理事 大原曉(取締役)、生駒市長 小紫雅史(代表取締役)、大阪ガス(株)エネルギー事業部都市エネルギー第2営業部長 大黒賢宏(取締役)、一般社団法人市民エネルギー生駒代表理事 楠正志(取締役)

    再生可能エネルギーの普及拡大とエネルギーの地産地消に貢献

    電力の調達は、生駒市内の太陽光発電や小水力発電等の電力を最優先で活用し、市内の再生可能エネルギーの普及拡大やエネルギーの地産地消に貢献します。不足分はパートナー事業者である大阪ガスのバックアップを受け、長期的・安定的な電力供給を可能にします。

    いこま市民パワー株式会社の概要

    <会社名>

    いこま市民パワー株式会社

    <PR上の別称>

    Ikoma Civic Power

    <所在地>

    生駒市テレワーク&インキュベーションセンターIKOMA-DO(イコマド)内
    (奈良県生駒市谷田町1615番地)
    (平成29年11月開設予定)

    <出資金総額>

    1,500万円

    <出資者の内訳>

    生駒市 765万円(51%)
    大阪ガス株式会社 510万円(34%)
    生駒商工会議所 90万円(6%)
    株式会社南都銀行 75万円(5%)
    一般社団法人市民エネルギー生駒 60万円(4%)

    <電力供給開始>

    平成29年12月(予定)から市の公共施設(65施設)に供給

    収益を地域の活性化に還元

    電力小売事業による収益は株主に配当せず、子育て、教育など、地域の課題解決のために還元することで、市民の生活の利便性を向上させ、さらに住みやすいまちを目指します。具体的には、市民(契約者等)が参加するワークショップ等を開催し、市民ニーズに合ったコミュニティサービスを提供していきます。

    会社名を公募で決定

    67件の応募の中から選ばれた『いこま市民パワー株式会社』の名前には、生駒市の『市民力』と『電力』の2つの意味が込められ、市民みんなで力を合わせて創る電力会社への思いが表されています。

    記者会見資料はこちら

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    生駒市地域活力創生部SDGs推進課

    電話: 0743-74-1111 内線(SDGs未来都市推進係:375、低炭素まちづくり推進係:379)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年8月3日]

    ID:11897