ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    生駒駅前南口地区第一種市街地再開発事業

    • [更新日:2021年8月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     
    昭和46年、人口35,000人余りをもって市政を施行した全国でも有数の人口急増都市であった本市において、秩序ある発展と健全なる市街地を形成することは、当時の街づくりの根本でありました。生駒駅周辺は、本市商業及び交通の拠点にありながら、飲食店、住宅等の老朽木造建築物が不規則に建ち並び、道路状況も悪化するなど、都市機能を十分発揮できない状態であったことから再開発整備は急務でありました。そのような状況を踏まえ、生駒駅南口地区の再開発事業が幾多の困難を乗り越え、10年余りの歳月を費やし、奈良県初の市街地再開発事業として昭和58年に関連事業を含め完了しました。

    事業位置

    生駒市元町一丁目地内

    事業位置図

    事業概要

    施行者

    生駒市

    事業期間

    昭和55年6月(都市計画決定)から昭和58年3月

    地区面積

    約0.8ヘクタール

    敷地面積

    公共施設(駅前広場、都市計画道路)約5,700平方メートル
    建築敷地 約2,300平方メートル

    施設建築物

    • 名称
       グリーンヒルいこま(公募により決定)
    • 用途
       店舗、銀行、診療所、事務所構造鉄筋コンクリート造
    • 階数
       地上4階 地下2階
    • 延床面積
       約9,100平方メートル
    グリーンヒルいこま

    公共施設

    都市計画街路

    • 谷田大路線
       幅員又は面積 15メートル250メートル
       延長 250メートル
    • 歩行者専用道
       幅員又は面積 3から6メートル
       延長 170メートル

    広場

    • 駅前交通広場
       幅員又は面積 約2,000平方メートル

    総事業費

    約38億5,000万円

    権利者数

    39名(権利変換者24名、転出者15名)

    関連事業

    既存ケーブル駅及び大鳥居の移設

    事業推進体制

    事業経緯

    昭和47年

    • 2月
       生駒駅南口周辺住民より整備計画の要望

    昭和51年

    • 10月
       都市計画決定

    昭和52年

    • 12月
       ケーブル線鳥居前駅の移設工事着手

    昭和54年

    • 8月
       同移設工事完了

    昭和55年

    • 6月
       事業計画決定
    • 12月
       施設建築物工事着手

    昭和56年

    • 3月
       権利変換計画認可公告

    昭和57年

    • 6月
       施設建築物工事竣工
    • 10月
       大鳥居移設工事着手
    • 12月
       同移設工事完了

    昭和58年

    • 3月
       事業完了
    1977年の生駒駅南口鳥居
    南口工事前 鳥居前駅
    1980年南口工事
    1982年南口駅前広場工事
    1982年生駒駅南口グリーンヒルオープン

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部都市計画課

    電話: 0743-74-1111 内線(計画係:567)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年8月26日]

    ID:1822