ページの先頭です

未熟児養育医療給付事業

[2020年4月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

未熟児養育医療制度について

身体の発達が未熟なまま生まれ、入院を必要とするお子様が、指定養育医療機関で入院治療に要する医療費を公費で負担する制度です。なお、世帯の市民税額に応じて、入院治療費の一部は自己負担となります。

未熟児養育医療の対象となる方

生駒市内に住所がある満1歳未満のお子様で、次のいずれかに該当し、指定養育医療機関の医師が入院療養の必要があると認めた方

  1. 出生時の体重が2,000グラム以下
  2. 生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状がある場合
    (1)一般状況
     (ア)運動不安・痙攣がある
     (イ)運動が異常に少ない
    (2)体温が摂氏34度以下
    (3)呼吸器・循環器系
     (ア)強度のチアノーゼが持続している
     (イ)チアノーゼ発作を繰り返す
     (ウ)呼吸数が毎分50以上で増加傾向にある
     (エ)呼吸数が毎分30以下である
     (オ)出血傾向が強い
    (4)消化器系
     (ア)生後24時間以上排便がない
     (イ)生後48時間以上嘔吐が持続している
     (ウ)血性吐物、血性便がある
    (5)黄疸
     (ア)生後数時間以内に出現
     (イ)異常に強い黄疸がある

未熟児養育医療の期間

指定養育医療機関の医師が作成した意見書に記載された期間で、最長1歳の誕生日の前々日までです。

申請に必要なもの(郵送による申請可)

  1.養育医療給付申請書
    保護者が申請者となります。

  2.養育医療意見書
    指定養育医療機関で記入してもらってください。

  3.世帯調書
    お子様と生計を一にしている家族全員(本人を含む)を記入してください。

  4.委任状及び同意書

  5.医療費助成金交付申請書

  6.対象のお子様の健康保険証のコピー(未発行の場合は健康保険の扶養に入れる方の健康保険証のコピー)

  7.保護者の本人確認書類のコピー

  8.認め印

  郵送による申請の場合、上の1から5の書類に必要事項をご記入、ご捺印の上6,7と共にご提出ください。

   申請書は、こちらからダウンロードできます。

入院治療費の支払

指定養育医療機関で受ける養育医療にかかる入院治療費のうち、医療保険適用の自己負担額に対して公費負担をしますので、養育医療券を提示することにより、指定養育医療機関ではお支払いただくことはありません。
ただし、世帯の市民税額等に応じて、後日、自己負担金を負担していただくことになります。
なお、保険適用とならないおむつ代等は、実費負担となりますので、指定養育医療機関でお支払いください。

自己負担金の納入について

自己負担していただく額は、入院された約3ヶ月後に、生駒市から納入通知書を送付しますので、金融機関の窓口でお支払ください。また、納入された自己負担金は福祉医療費助成制度の対象となります。
なお、未熟児養育医療の申請時に、「委任状及び同意書」に記入・押印していただくことにより、自己負担金について、福祉医療費助成が受けられる額を差し引いた額でお支払していただくことができます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.