ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    「もったいない」の精神が広がるエコスクール(広報いこま2019年2月15日号掲載)

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    「もったいない」の精神が広がるエコスクール

    足踏み式の発電機に挑戦する子どもたちの写真

     文部科学省から環境に考慮した学校施設「スーパーエコスクール」として認定された鹿ノ台中学校。校内には、人が床を踏む振動で発電する「足踏み発電機」や「小型風力発電機」が設置されています。いずれも資源を無駄にしたくないという生徒のアイデアをもとに、4年前に作られました。
     生徒たちは環境にやさしい行動も実践しています。全教室のチョークの粉を集め、運動場のライン引きとして活用。給食の残飯を定期的に計測し、少なかったクラスの表彰もしています。子どもたちは教科書で勉強するだけでなく、「もったいない」という精神を体験しながら身に付けています。

    ペットボトルキャップを持つ子どもたち

    生徒が集めたペットボトルキャップはリサイクル資源として売られてワクチンに変わります

    お問い合わせ

    生駒市教育こども部教育指導課

    電話: 0743-74-1111 内線(指導係:2712)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年2月17日]

    ID:16670