ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    ふるさと納税で子どもたちの学校トイレをキレイに!

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    ふるさと納税で子どもたちの学校トイレをきれいにしませんか

    この度、市では、学校のトイレ改修に必要な工事費用を賄うため、ふるさと納税を活用することとしました。

    子どもたちの快適な学校生活のために、皆さまのご協力をお願いします!

    小中学校のトイレの現状

    「学校のトイレ」と言われて、皆さんはどのようなイメージをされますか?

    「暗い」「きたない」「臭い」といったイメージを浮かべる方が多いのではないでしょうか。

    市内の市立小中学校にあるトイレの多くは、和式便器で、そうじの時は床を水洗いする湿式(タイル貼りの床)であり、まさに上記のイメージが当てはまる状態になっています。また、老朽化もかなり進んでおり、大規模な改修が必要な時期を迎えています。

    小中学校トイレの大規模改修の実施

    このような状況を受けて、市では、衛生的で子どもたちが快適な学校生活を送れるよう、また施設の老朽化に対応するため、小中学校のトイレを順次、家庭のトイレと同じ、洋式化・乾式化(シート貼りの床)する大規模改修を進めています。

    トイレの大規模改修計画

    しかし、トイレの大規模改修には、多額の費用がかかり、国の補助もありますが、国の厳しい財政状況から補助が受けにくくなっています。

    このことから、国の補助が受けられない場合には、約15億円(中学校のトイレ改修に要する費用を含める)にものぼる工事費用は、全て市の財政負担によって賄うこととなります。

    トイレの改修計画と予想工事費
    年度 学校名 工事費(千円) 
    H29

    鹿ノ台小、あすか野小、壱分小、

    真弓小、生駒台小、生駒南第二小 

    533,395 
    H30生駒小、生駒東小、俵口小340,000 
     合計873,395

    (備考)1校あたり平均で8カ所のトイレがあり、1カ所(男女合わせて)あたり約1,000万円

    トイレ改修の内容

    改修前のトイレのイメージ1

    改修前

    改修前のトイレのイメージ2
    改修後のトイレイメージ1

    改修後

    改修後のトイレイメージ2

    トイレ改修によって、和式トイレはすべて洋式トイレになります。また、これまでタイル貼りであった湿式の床をすべてシート貼りの乾式化することによって衛生面も向上し、「暗い」「きたない」「臭い」のイメージがあった学校トイレのイメージが大きく変わることになり、児童・生徒たちが学校生活を快適に過ごすことができます。

    子どもたちが笑顔で学校生活を送れるよう、皆さまの寄附をお待ちしています!

    お問い合わせ

    生駒市教育こども部教育総務課

    電話: 0743-74-1111 内線(庶務係:2660、学務係:2670)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2016年7月1日]

    ID:6169