ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    法定基準を満たさない焼却炉の使用禁止

    • [更新日:2022年3月28日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    法定基準を満たさない焼却炉は使用禁止です。
    廃棄物の野外焼却(野焼き)は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2において、一部の例外を除き禁止されています。
    これは野焼きが、ダイオキシン類の発生原因、ばい煙や悪臭の発生原因となるためです。
    焼却炉を使用した焼却であっても、「法定基準を満たさない焼却炉」の使用の場合は、野焼きと同じこととみなされます。

    焼却が認められる炉の構造基準及び焼却方法は以下のとおりです。

    • 外気と遮断された状態で、定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入できる。
    • 燃焼可能温度が800℃以上である。
    • 助燃装置が設置されている。
    • 温度測定装置が設置されている。
    • 必要な通風が可能である。
    • 煙突以外に燃焼ガスを出さない。
    • 煙突から焼却灰・未燃物を飛散しない。
    • 煙突の先端から火炎又は黒煙(汚染度25%を超える)を排出しない。

    家庭用・事業用焼却炉のいずれも、この法定基準を満たさなければいけません。また基準に適合している焼却炉であっても、設置するのに届出・許可が必要な場合もあります。

    なお、違反者には、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金またはこの両方が課せられる場合があります。基準を満たさない焼却炉の処分方法等は、環境保全課にお問い合わせください。

    焼却炉写真
    ドラム缶での焼却の写真
    コンクでの焼却の写真
    直火での焼却の写真

    添付ファイル

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    生駒市市民部環境保全課

    電話: 0743-74-1111 内線(事業係:2361、施設係:2370、保全係:2382)

    ファクス: 0743-75-8125

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2022年3月28日]

    ID:1562