ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    年頭訓辞(平成30年1月4日)

    • [更新日:2018年4月2日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     皆様、明けましておめでとうございます。
     今回の年末年始はあっという間に過ぎた感じがいたしますが、皆様はゆっくりしていただけたでしょうか。消防ほか一部の部署では年末年始も業務があったかと思いますが、ご苦労様でした。感謝申し上げます。


     平成30年の年頭あいさつにあたり、私から2点申し上げます。
     一つ目は、今年は2018年、明治維新が始まってから150年となります。様々な藩の志士たちが、地方から中央へ向けて改革を進めていったのが明治維新の大きな流れであり、私は、地方創生時代の現在にも同じような流れが来ていると考えます。私は常々申し上げていますが、市町村に求められるものは大きく変わってきています。だからこそ、現在の市町村でも明治維新の動きと同じような動きをしないと、多様化する市民のニーズに応えられないし、生き残っていけないと考えます。それぐらいの覚悟が必要だと思っています。ただ、明治維新では中央政府により改革が行われたのに対し、現代ではまずは生駒市で様々な新しい取組に挑戦し、それが全国に広がっていくということが違う点であり、そうなることを願っています。これが、明治維新から150年後の改革のあり方だと思います。2018年は、明治維新と同じぐらいの心意気で皆様にがんばっていただきたいと思います。
     二つ目は、昨年から管理職の皆様に申し上げている5つのお願いの徹底です。お願いの一つ目はスクラップ&ビルドです。新しい取組に挑戦していただくのはもちろんですが、古い取組をスクラップすることにも挑戦してください。二つ目は市民との「協創」です。ワークショップなどを通じて、市民にも汗をかいてもらい動いていただけるような環境を職員が創り上げていただきたい。三つ目の部下の育成については、部下に様々な挑戦をする機会を作っていただきたい。そのための制度もしっかりと構築していただきたいと思います。四つ目は、広報・広聴の徹底。これは私が今年一番皆様に取り組んでいただきたいことです。皆様ががんばっていただいていることを私や市役所内の他の部署にも教えていただきたいし、市民や市外の方々にもPRをしていただきたい。がんばっている皆様の取組があるからこそ、それをしっかりとPRすることが重要だと私は考えます。最後は、我々が行政のプロとして10年後、20年後のビジョンを見据えることです。まちづくりにおいて専門性を発揮しながらビジョンを示す。そのためには、しっかりと業務の効率化や検討を重ねることが大切です。
     以上の5つのお願いを具体的にどうしていくのかは、それぞれの部署でしっかりと考え、動いていただき、さらにはその取組を広報していただきたいと思います。
     

     以上が本年の年頭にあたり私が皆様にお願いしたいことです。
     何よりも大切なのは皆様の健康です。寒い日が続きますが、皆様体調には十分ご注意いただき、今年も頑張っていただきたいと思います。
     本年もよろしくお願い申し上げます。

    お問い合わせ

    生駒市市長公室秘書課

    電話: 0743-74-1111 内線(秘書係:204)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2018年4月2日]

    ID:12200