ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    年頭訓辞(平成28年1月4日)

    • [更新日:2018年4月2日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     あけましておめでとうございます。

     昨年中はここにいらっしゃる管理職の皆様、各担当の皆様に大変お世話になって、市長就任1年目の約8ヶ月弱を支えていただきましたことを心から感謝申し上げたいと思います。

     また、年末の挨拶でも申し上げましたが、今年は少し短い冬休みでしたが、心機一転し、私としましても市長就任2年目、ある意味勝負の年になるかと思いますし、皆様にはマニフェストに基づく具体的な施策を28年度の予算、そして新たな組織、人員体制でしっかりと形にしはじめていただく、そういう年になるかと思います。昨年以上に色々とお願いをすることが増えてくると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

     新年にあたりまして、何をお話しようかと考えておりました。色々考えたのですが、大きく2点お話しさせていただきます。

     まず、これは毎年言っているのですが、自分でしっかりと考えて実際に動いていただける職員、そういう職員にこれからの生駒市役所で活躍をしていただきたい、というのが1点目です。

     2点目は、特にここにおられる管理職の皆様にお願いしたいのですが、自分で考えて動くような職員をはじめ、部下をしっかりと褒めていただきたい。そうすることによって、それぞれの部・課の雰囲気を、忙しいながらも非常に前向きな、楽しい職場にしていっていただきたいということです。

     1点目の「自分で考えて実際に行動する」ということは2点目とも関係しておりまして、とにかく自分がやりたいことを見つけてしっかりとやることができる、そんな組織を作っていきたいと思っています。

     生駒市役所は当然ながら基礎自治体ですので、都道府県や国とはおのずと異なります。ここにおられる管理職の方もそうですし、担当職員もそうですし、今まで以上に現場に足を運んでいただいて、市民の声を今まで以上にしっかりと拾っていただきたい。その際には要望とか不平とか、そういう話ももちろん受け止めなければいけませんが、「こういうところがすごい頑張っているな」というような、お褒めの言葉もぜひしっかりといただいてきて、それをなるべくたくさんの方にシェアしていただきたいと思います。

     自分で考えるということのもう1つとしては、現場の話ももちろんですが、全国的に見て、他の自治体、民間企業、NPO、大学などで、皆様のご担当されている分野でどのような面白い動きがあるのか、ということを誰にも負けないようにしっかりと集めていただきたいと思います。

     現場に足を運ぶというのが1つ。もう1つは自らの業務に関係するような動きをしっかりとアンテナ高く見ていただきたいということです。

     マニフェストなどに基づいてトップダウンでやっていくような業務ももちろんお願いしなければなりませんが、マニフェストに書いてないことであっても、私はよく「自分プロジェクト」という言い方をしていますが、市民のためにプラスになると思えば、1人1人の職員、それぞれの課がどんどん動いてくださるような、ボトムアップの動きも今年は更にお願いしたいと思っております。

     2点目のどんどん褒めていくという点につきまして、市民満足度というのがありますが、職員満足度が低い組織でなかなか市民満足度を上げるというのは至難の業だと思っております。職員満足度がどういうところに要因があるかはそれぞれの職員によって違うかもしれませんが、やはり、仕事のやりがいや職場での人間関係、組織の雰囲気といったことが大きい要因だと思います。

     管理職の皆様にはこれまで以上に大変なことをお願いすることになるかもしれませんが、職員の皆様が自らどんどん動いていけるような雰囲気づくり、そしてそれを通じて、褒めたり、盛り上げたりすることで楽しく仕事ができる職場づくり、それについてぜひお力を貸していただきたいと思います。

     人員が少ないということや、残業を減らすということで、非常に皆様にご負担をかけているということを私も認識しております。

     これにつきましては、もっと大きな視点で組織的な改善ができるかということを、私も自らの宿題として、今年はしっかり考えて形にしていきたいと思っております。並行して、今申し上げた2点につきまして、管理職の皆様、そして担当職員の皆様のお力をぜひお借りしたいと思います。

     じっくり考えたり、企画したり、業務を廃止しようとか、見直そうとか、ゆっくりと考える時間は各課ともなかなか取れないとは思いますが、週に少しの時間でも良いと思いますので、管理職の皆様がそういう時間を確保していただくということも併せてお願いしたいと思います。

     マニフェストに「住みやすい」だけじゃなく、「楽しく」という言葉を入れています。マニフェストに「楽しい」という言葉が入っているというのは私もあまり聞いたことがないのですが、そこには職員自らが楽しんで仕事をしていくという意味も込めたつもりです。

     市民の皆様にも「生駒は住みやすいな」だけじゃなく「楽しいな」と思ってもらえるまちづくりをしっかりと進めていきたいと思っておりますが、そのためには職員の皆様が自らの仕事にやりがいを持って、「もっとこうしたら市民のために良いことができるのではないか」とか「自分も達成感があるのではないか」ということで、先ほどの職員提案でもないですが、どんどん提案して形にしていただきたいと思います。それが基礎自治体の職員の1つのやりがいだと思いますし、それを通じて組織の中で職員同士が良い関係で仕事ができる、そんな生駒市役所をつくっていただきたい。私もそのつもりで頑張りたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

     昨年は非常にうまく進んだことと非常に残念なこと、両方ありました。今年も色々な素晴らしいことや、大変な課題・リスクの両方があると思いますが、皆様の力をしっかりとお借りして、また今年1年市民のため、そして我々自身のために楽しんで仕事をしていきたいと思っております。

     本年も何卒よろしくお願いを申し上げます。

    お問い合わせ

    生駒市市長公室秘書課

    電話: 0743-74-1111 内線(秘書係:204)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2018年4月2日]

    ID:5581