ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    FAQ(よくある質問)

    • [更新日:2020年10月19日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    評価証明の課税面積と登記面積が違う。(分譲マンション)

    先日、分譲マンションの評価証明(公課証明)を取得しました。
    よく見てみると、課税面積と登記面積が異なります。
    何故ですか?

    回答

    課税面積と登記面積の定義が異なるからです。

    面積の違い
    登記面積 

    内壁で囲まれた部分(内法)の水平投影面積で求められます。

    (共用部分の床面積は含まれていません。)

    課税面積

     専有部分の面積と共用部分の面積を各専有部分の面積で按分した合計した面積になります。

    (基本的には登記面積より大きくなります。)

    マンション(区分所有家屋)は、区分所有者の専有部分と共用部分(廊下、階段、エレベーター室、物置など)から成り立っています。


    関連項目

    お問い合わせ

    生駒市 市民部 課税課
    TEL: 0743-74-1111 内線(庶務係:283) FAX: 0743-74-1333

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2020年10月19日]

    ID:496