ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    FAQ(よくある質問)

    • [更新日:2020年10月19日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    扶養の範囲内なのに非課税証明ではなく、課税証明?

    先日、「非課税証明」を申請したのに「課税証明」が発行されました。
    昨年の収入は、給与で103万円未満でした。
    家族の扶養に入っており、所得税もかかっていなかったです。
    どうして、発行されたのが「非課税証明」ではなかったのでしょうか?

    回答

    所得税と住民税の基準が違うからです。

    所得税・住民税の課税について(扶養親族などがない場合の例)

    給与収入

    所得税住民税
    (1)96万5千円未満 非課税非課税
    (2)96万5千円~103万円

    非課税

    課税
    (3)103万円超課税課税

    よって、上表の(2)のケースであれば、所得税は非課税でも住民税が課税となります。

    そうすると、証明は「課税証明」となります。(非課税証明は発行できません。)

    関連項目/よくある質問

    お問い合わせ

    生駒市 市民部 課税課
    TEL: 0743-74-1111 内線(庶務係:283) FAX: 0743-74-1333

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2020年10月19日]

    ID:497