ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    FAQ(よくある質問)

    • [更新日:2018年5月2日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    高齢者肺炎球菌予防接種の対象者について

    今年度、生年月日は高齢者肺炎球菌の接種対象になるが、過去に23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を受けたことがあるため、定期接種の対象外となるのは不平等ではないか。

    回答

    高齢者肺炎球菌の定期接種対象者は、予防接種法により定められています。

    現時点では、すでに23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種されたことがある方(自費での接種を含む)は定期接種の対象外とされています。

    厚生労働省の見解では、2回接種では1回目の接種ほど抗体価が上昇しないことや、局所反応(注射部位の痛みや腫れ等)の頻度が初回接種に比べて多く、数年以内に再接種を行った場合、高率に重篤な局所反応が発生する可能性があると報告があることなどから、まずは1度も接種されたことが無い方を、定期接種の対象としています。

    高齢者肺炎球菌に関する情報

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    福祉健康部 健康課 

    電話番号: 0743-75-2255

    ファクス番号: 0743-75-1031

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2018年5月2日]

    ID:241