ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    ボランティア団体、NPOのための助成金情報

    • [更新日:2024年7月11日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    ボランティア団体、NPOのための助成金(賞金のある事業募集を含む)情報を集めました。

    ご相談は、生駒市市民活動推進センターららポートまで。

    8月締切の助成金

    <スポーツ> コミュニティスポーツ推進助成プログラム

    対象事業
    一般助成 地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につなげるコミュニティスポーツ
    特定助成 心身の障がいや長期療養などにより社会参加が困難な状況にある人と共に楽しめるコミュニティスポーツ

    【チャレンジコース】 地域におけるコミュニティスポーツのチャレンジと、その後の自立・発展をめざすもの
    助成期間 2025年4月1日~2026年3月31日(1年間)
    助成金 50万円以下(1年間分)16件程度

    【アドバンスコース】 地域を超えたコミュニティスポーツの展開や、特定の地域におけるコミュニティスポーツの深化をめざすもの
    助成期間 2025年4月1日~2027年3月31日(2年間)
    助成金 300万円以下(2年間合計)4件程度

    締切 8月22日

    助成元 (公財)住友生命健康財団(別ウインドウで開く)

    <福祉> 一般助成

    対象事業 障がい児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動や障がい児・者に対する自助・自立の支援事業

    対象期間 採択後、令和6年12月1日から申請事業を開始し、令和7年5月31日までに終了する事業

    車両購入 利用者送迎または移動、運搬に使われる車両の購入に対する助成(車両本体価格のみ)
         福祉車両 上限300万円  一般車両 上限200万円

    物品購入 施設で使用、設置する器具・備品等の物品の購入に対する助成
         上限200万円

    施設工事 施設の新設、増改築、補修等の工事に関する助成(総額500万円以上の大規模工事は対象外)
         上限300万円

    その他  上記以外で障がい児・者の福祉向上に資する助成
         上限200万円

    締切 8月17日

    助成元 (公財)洲崎福祉財団(別ウインドウで開く)

    7月締切の助成金

    <福祉> 赤い羽根基金 奈良県ぴ~すぺ~すプロジェクト

    参加団体が奈良県共同募金会と協働して、令和7年1月~3月の間、活動資金を得るための募金活動を行う。寄付者は応援したい団体を選んで寄付することができる、使途選択型の募金。

    対象事業 
    ・地域から孤立をなくすための活動
    ・生活課題を抱える方への支援活動
    ・社会参加支援に関する活動
    ・子育て支援及び児童健全育成に関する活動など

    助成金 助成率100%(事務経費の控除有り) 限度額なし(目標額達成率に応じた加算有り)

    締切 7月31日

    助成元 (社福)奈良県共同募金会(別ウインドウで開く)

    <福祉>特定活動助成

    自然災害の被災者をはじめ困難な状況にある人を対象に心のケアのための傾聴ボランティアとして活動している団体に助成します。地元の社会福祉協議会の推薦状が必要です。

    助成期間 2024年11月~2025年10月 継続助成(最長3年間)については、経過報告を重視して決定。

    助成金 上限50万円       

    締切 7月19日   

    助成元 (公財)ユニベール財団(別ウインドウで開く)                                                                                                     

    <子ども>経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもの学習と生活を一体的に応援する助成

    新型感染症の長期化や物価高騰等の影響により、経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもたちの学習と生活を一体的に応援することを目的とする。

    対象事業
    ①経済的困窮や社会的孤立の状態にある子どもの学習と生活を一体的に支援する活動
     次の項目のうち学習支援と他の1つ以上の組み合わせで実施される活動。
     <主な支援活動(学習支援活動は必須)>
     ・学習支援活動  (例:対面やオンラインでの学習支援)
     ・居場所支援活動 (例:居場所や交流の場、シェルター)
     ・居住支援活動  (例:居住に関する相談支援や見守り・生活支援)
     ・生活支援活動  (例:生活必需品の提供など)
       ・相談支援活動  (例:子どもや保護者の生活相談や心理相談など)
       ・食支援活動   (例:食事の提供など)
    ②地域や多機関連携による重層的な子どもの学習・生活支援体制づくりなど、社会に新たな価値を創造する活動
     機関・団体と応募団体の連携・協働によって、子どもの学習・生活支援を一体的に展開するとともに、重層的な支援体制やネットワークの構築につなげるなど、社会に新たな価値を創造する活動。

    助成期間 2024年10月~2025年9月

    助成金 ①上限100万円 ②上限300万円  総額 約2,550万円を予定(2つのプログラムの合計)

    締切 7月9日

    助成元 (一財)清水育英会  (社福)中央共同募金会(別ウインドウで開く)

    6月締切の助成金

    <福祉> ファイザープログラム

    ヘルスケアを重視した社会の実現に向けて、「心とからだのヘルスケア」の領域で活躍する市民団体や患者団体・障がい者団体による、「健やかなコミュニティづくり」の試みを支援することが目的とする。

    助成期間 2025年1月1日~12月31日(助成を受けた団体は、次年度以降も応募が可能で、過去の助成を含めて最大3回までの助成が受けられる場合がある)

    助成金 50万円~300万円 助成総額 2,500万円

    締切 6月21日

    助成元 ファイザー株式会社(別ウインドウで開く)

    <子ども> 子ども/若者 ライフサポートプログラム

    助けを求められない、助けを求める声があげられない子ども・若者のために、「居場所」を日常的かつ継続的に運営する団体を対象に応援する。 特に、「いのち」をつなぎ、新たな一歩を踏み出すパーソナル支援を行う民間非営利団体を対象に助成する。

    ・非営利の民間団体が設置した「居場所」を、日常的かつ継続的に運営する事業
    ・生きづらさを抱える子ども・若者に対して、パーソナル支援を行う事業
    ・他団体と積極的に連携して行っている事業
    上記3点すべて該当する必要あり

    助成金 150万円~300万円 (助成額は応募団体の財政規模の2分の1までとする)

    助成期間 2024年10月1日~2025年9月30日 (採択された事業は、2年目の継続が可能)

    締切 6月28日

    助成元 (認定特活)日本NPOセンター(別ウインドウで開く)

    <環境> 緑の都市賞

    緑の保全・創出・再生活動に取組み、緑豊かで良好な空間の形成に卓越した成果を上げ、環境の改善、防災性の向上、景観の向上、まちづくり、地域の活性化、青少年の育成、福祉の向上等環境・社会課題に対しても優れた貢献の実績を有する市民団体、企業、地方公共団体等を顕彰することにより、他団体等への都市緑化意識の啓発や地球にやさしい生活環境の保全・創出の促進を図り、もっと緑豊かな安全・快適な都市の実現に寄与することが目的。

    緑の市民協働部門 ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会や環境へ貢献するもの
    対象 応募の主体が市民団体(町内会・自治会等の地縁団体、NPO法人、学校・病院等で活動を展開している団体等)

    緑の事業活動部門 民間・公共の空間を問わず事業活動またはその一環として取り組んでいる緑の保全や創出活動で、地域の社会や環境に貢献するもの(NPO法人等で、公園の指定管理者などとして活動の大半を事業活動として取組んでいるものや、業者委託での緑地の整備や管理に取組んでいるものなども含む)
    対象 応募の主体が民間事業者

    緑のまちづくり部門 都市や地域の緑地の保全や緑化の推進について、緑の基本計画の策定や地域の個性を活かした施策を展開し、その成果をあげているもの
    対象 応募の主体が行政

    表彰

    内閣総理大臣賞 賞状、副賞及び活動助成金20万円 1点
    国土交通大臣賞 賞状、副賞及び活動助成金15万円 3点以内
    都市緑化機構会長賞 賞状及び活動助成金10万円 3点以内
    第一生命財団賞 賞状及び活動助成金10万円 1点
    奨励賞 賞状及び活動助成金5万円 若干
    (注意)活動助成金は、「緑の市民協働部門」の受賞団体のみを対象とする

    締切 6月30日

    助成元 (公財)都市緑化機構(別ウインドウで開く)

    <福祉> 子育てと仕事の両立支援に対する助成

    子育てと仕事の両立を推進することを目的に、保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大および質向上の取組みに対して助成

    「休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり事業等」に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用

    対象 法人格を有し、対象の保育所を運営していること


    「放課後児童クラブ」の受け皿拡大および質向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用

    対象 放課後児童健全育成事業として市町村に届出が受理され、運営を行っていること

    助成金 1申請当たり15万円または20万円 総額 2,500万円

    締切 6月28日

    助成元 (一社)生命保険協会(別ウインドウで開く)

    <福祉> ボランティア活動資金助成

    共に生きる地域づくりにつながるボランティア活動に対して助成

    A.高齢者、障がい児者の支援に係るボランティア活動
    助成金 5万円~15万円

    B.子ども食堂等の居場所づくりや運営に係るボランティア活動
    助成金 5万円~20万円

    AとBの総額 1,200万円予定

    締切 6月14日

    助成元 (公財)みずほ教育福祉財団(別ウインドウで開く)

    <子ども> 子ども文庫助成

    子どもの本購入費助成
    対象 
    子どもたちに対し読書啓発活動を行っている子ども文庫、読み聞かせ団体、子ども文庫連絡会、非営利団体等、及び個人。(活動年数3年以上)
    助成金 30万円

    病院・施設子ども読書活動費助成
    対象 読書にハンディキャップのある子どもたちに読書啓発活動を行っているボランティア団体や個人、非営利団体、及び小児病棟、障害児施設、児童養護施設等。(活動年数3年以上)
    助成金 30万円

    子どもの本100冊助成
    対象 読書啓発活動を既に行っている子ども文庫、読み聞かせ団体、子ども文庫連絡会、非営利団体等、及び個人。(活動年数は問いません)
    助成 当財団が選んだ児童図書セット

    子ども文庫功労賞
    対象 子どもの読書啓発活動に長年(20年以上)携わり貢献されてきた個人。他薦による応募のみ受付
    助成金 賞金、記念品

    締切 6月20日

    助成元 (公財)伊藤忠記念財団(別ウインドウで開く)

    5月締切の助成金

    <福祉> 地域福祉チャレンジ活動助成

    地域包括ケアシステムの展開、そして高齢者を 中心に障がい者、子ども等を含めた全世代への支援・交流につながる地域づくりに 向けて地域住民、専門職、団体等と協働してチャレンジするための活動助成
    1.福祉・介護・保健・医療・リハビリテーション専門職と各施設、地域住民 の協働による、インフォーマルなサービスの創設や地域づくりに向けた チャレンジ活動
    2.認知症(若年性認知症を含む)の人や家族と地域住民がともに関わり合い、 安心、安全に暮らせる地域づくりに向けたチャレンジ活動(本財団恒久分野)
    3.人生の看取りまで含む生活支援*につながる実践を通じての地域づくりに 向けたチャレンジ活動 *日常生活支援、身元保証、成年後見、死後対応等
    4.独居高齢者、閉じこもり高齢者を含めた複合的な生活課題を有する高齢者 に対する実践を通じての地域づくりに向けたチャレンジ活動
    5.高齢者を中心に、障がい者、子ども等の多世代交流型の活動・就労支援や 社会参加づくりに向けたチャレンジ活動

    助成期間 2024年10月より2年間

    助成金 上限400万円(1年最大200万円) 3団体程度

    締切 5月31日

    助成元 (公財)日本生命財団(別ウインドウで開く)

    <福祉> シニアボランティア・ビジネスパーソンボランティア活動助成

    活動テーマ
    1.高齢者福祉に関するボランティア活動
    2.障がい者福祉に関するボランティア活動
    3.こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動

    シニアボランティア活動助成
    対象 社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするシニア(年齢 満60歳以上)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)

    ただし、過去3年以内に当財団の助成を受けたグループは除く

    ビジネスパーソンボランティア活動助成
    対象 社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)

    ただし、過去3年以内に当財団の助成を受けたグループは除く

    助成金 原則10万円 特に内容が優れている場合は上限20万円
         シニアボランティア活動助成、ビジネスパーソンボランティア活動助成の総額1,200万円以内

    締切 5月25日

    助成元 (公財)大同生命厚生事業団 

    <福祉> 地域ささえあい活動助成

    新たな取り組み応援助成
    地域の福祉ニーズに基づいて行う、地域の支え合い活動のうち活動開始から3年以内のもので、助成を活用することでその活動や取組みが拡大、充実することが見込まれる活動

    助成金 対象経費の4分の3で上限20万円

    備品購入応援助成
    地域の福祉ニーズに基づいて行う、地域の支え合い活動や取組みに直接必要な物品で、助成を活用することでその活動や取組みが拡大、充実することが見込まれるもの

    助成金 対象経費の10分の9で上限10万円

    締切 5月31日

    助成元 生駒市共同募金委員会

    <子ども> トム・ソーヤスクール企画コンテスト

    小中学生が概ね10人程度参加する自然体験活動で、ユニークさと独創性に富んだ企画案を公募

    学校部門 小学校・中学校または、小中学校より委託・協力・協働等によって、当該活動を主催する団体が対象。小学校、中学校において授業や課外活動の一環として行われる活動

    一般部門 定款・規約等が整備され、組織としての形態を有し、当該活動を主催する団体が対象

    支援金 両部門から計50団体を選考し、実施支援金として各10万円を贈呈。全ての応募団体に参加賞としてチキンラーメン30食を贈呈

    表彰 
    1.学校部門
    ・文部科学大臣賞1校(団体) 副賞100万円 チキンラーメン1年分
    ・優秀賞1校(団体) 副賞50万円 チキンラーメン半年分
    2.一般部門
    ・安藤百福賞1団体 副賞100万円 チキンラーメン1年分
    ・優秀賞1団体 副賞50万円 チキンラーメン半年分
    3.推奨モデル特別賞 副賞30万円 チキンラーメン半年分
    4.トム・ソーヤ奨励賞 副賞20万円 チキンラーメン半年分
    5. 努力賞 副賞10万円 チキンラーメン3か月分

    対象期間 2024年3月1日から10月23日の間に実施する活動(応募日より以前に実施された活動は対象外)

    締切 5月17日 

    助成元 (公財)安藤スポーツ・食文化振興財団

    4月締切の助成金

    <福祉> 居場所を失った人への緊急活動応援助成

    コロナ禍の長期的影響等により、孤立し、居場所を失われた人や経済的困難に陥った人たちに対する支援活動を助成

    対象期間 2024年4月~2025年3月

    助成金 上限300万円 総額8,000万円

    締切 4月23日

    助成元 (社福)中央共同募金会(別ウインドウで開く)

    <子ども> 「子ども食堂・子どもの居場所支援」事業

    24時間テレビの全国から寄せられた寄付金で実施

    支援内容
    ・家具・家電・備品等の団体が希望する、活動に必要な物品
    ・施設等のリフォーム
     (注意)家賃・人件費や形として残らないものは支援対象外

    締切 4月30日

    助成元 読売テレビ24時間テレビチャリティー事務局(別ウインドウで開く)

    <子ども> 子ども食堂応援プロジェクト助成

    対象団体
    ・子ども食堂を特定の場所で月1回以上開催していること
    ・過去にオリックス宮内財団から助成金を2回以上受けていないこと
    ・子ども食堂の開催に際し、安全面や衛生面の配慮がされていること
    ・団体固有の口座を有していること
    ・主な活動先の社会福祉協議会等の推薦が得られること
    ・非営利団体として子ども食堂を運営していること
    ・子ども+保護者人数が参加者人数の50%以上を占めること

    締切 4月30日

    助成元 (公財)オリックス宮内財団(別ウインドウで開く)

    お問い合わせ

    生駒市地域活力創生部市民活動推進センター

    電話: 0743-75-6000

    ファクス: 0743-75-0151

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2024年7月11日]

    ID:22943