ページの先頭です

令和元年10月1日から、ふるさと納税を活用し野良猫の避妊・去勢手術費を全額支援します!

[2019年10月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

指定動物病院での野良猫の避妊・去勢手術費を全額支援します

ふるさと納税によっていただいたご寄附を活用して、野良猫の避妊・去勢手術の費用を市が全額負担する取り組みを令和元年10月1日から開始しました。

野良猫の繁殖を抑えて地域の環境被害を軽減しながら、殺処分ゼロを達成する「猫の殺処分ゼロの街いこま」を目指し、動物病院や地域ねこ活動サポーターと地域の皆様との協働による取り組みを進めます。

地域ねこ活動、地域ねこ活動サポーターとは

地域が主体となり、野良猫(飼い主のいない猫)の避妊・去勢手術を行ったり、手術後の猫について、エサやフン尿の管理、周辺美化などの一定のルールに基づいて管理し、一代限りで猫と共生を図る活動です。

その活動のサポートやアドバイスを行うボランティア「生駒市地域ねこ活動サポーター」による支援をいただきながら進められています。

現状と課題

猫は非常に繁殖力の強い動物で、毎年複数回、多くの子猫を産みます。

生駒市内にもたくさんの野良猫がおり、フンや尿の被害、鳴き声、ごみあさりなど、環境被害の相談が多く寄せられています。

地域環境の保全と無秩序な繁殖の抑制、関係者の負担軽減に取り組むことが喫緊の課題となっています。

地域ねこ活動の進め方

まずは、地域で野良猫問題について話し合い、地域ねこ活動の目的(これ以上野良猫を増やさない、エサやフンの管理をし、環境被害を減らす)を共有します。
そして、エサやりやトイレの場所等のルールを決めます。

次に、猫を捕獲し、避妊・去勢手術を実施します。
手術後の猫を元の場所に放します。

地域で協力し、決められたルールを元に適正に管理します。


生駒市所有者不明猫適正管理推進事業

地域ねこ活動を実施するにあたり、負担の大きい避妊・去勢手術費を全額支援します。

支援を受けるためには、事前の申請が必要となります。

野良猫にお困りの方、地域ねこ活動に関心を持たれた方は、一度市環境保全課へお問い合わせください。
詳しい申請方法についてご説明いたします。

猫が好きな人、猫が苦手な人、そして猫にとっても快適に過ごせるまちづくりのために

地域ねこ活動は、殺処分することなく、地域の野良猫による環境問題を解決することのできる方法です。

野良猫の寿命は飼い猫よりずっと短く、3~5年といわれています。
今いる野良猫は増えないように手術して、地域ねことして管理し、一代限りの命を全うさせることで、野良猫を将来的になくしていく本活動に、ぜひご協力ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.