ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    止血処置

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    止血処置

    出血の危険度は、出血した量と速さによります。人間の血液量は、成人で体重の7~8%(体重の13分の1~14分の1)といわれ体重1kgに対して約80ccであるといわれています。(体重62kgの成人で約5リットルの血液があります。)
    一般に短時間に全血液量の20%が失われると出血性ショックという重い状態となり、30%を失うと生命の危機に瀕すると言われています。したがって、出血量が多いほど又出血が激しいほど止血処置をいそぐ必要があります。
    注意1 傷口が土・砂などで汚れていたら、きれいな水(水道水)で洗い流します。
    注意2 感染防止のため、血液には触れないように注意しましょう。
    注意3 ビニール、ゴム手袋の利用、それらが無ければビニールの買い物袋などを利用する方法もあります。

    直接圧迫止血法

    直接圧迫止血法の説明図です

    出血している部位に直接きれいなガーゼやハンカチなどを当て、その上から手若しくは三角巾などで圧迫して止血する方法です。
     大きな血管からの出血の場合で、片手で圧迫しても血が止まらない場合には、両手で体重を乗せながら圧迫します。

    お問い合わせ

    生駒市消防本部

    [公開日:2016年8月2日]

    ID:6805