ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

  • ホーム
  • 生駒市・いこま市民パワー・NTTドコモによる「環境モデル都市推進に関する連携協定」を締結しました

あしあと

    生駒市・いこま市民パワー・NTTドコモによる「環境モデル都市推進に関する連携協定」を締結しました

    • [更新日:2018年7月30日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    連携協定を締結しました

     生駒市、いこま市民パワー株式会社(以下、「いこま市民パワー」)、株式会社NTTドコモ関西支社(以下、「ドコモ」)は、「『環境モデル都市』推進に関する連携協定」を、7月4日に締結いたしました。

     本協定は、生駒市が「環境モデル都市アクションプラン」を実行するにあたって、生駒市、いこま市民パワー、ドコモの3者が連携し、「環境に優しいまち」「住みやすいまち」の実現をめざし、締結するものです。

     自治体新電力がICTの活用に関してドコモと連携するのは初めての事例です。

    「環境モデル都市」推進に関する連携協定締結式

    いこま市民パワー取締役 楠 正志氏(左)生駒市長 小紫 雅史(中)NTTドコモ関西支社長 高原幸一氏(右)

    環境モデル都市とは

     「環境モデル都市」は内閣府が選定する、地域資源を最大限に活用し、低炭素化と持続的発展を両立する都市を言います。

     全国で23都市あり、関西では生駒市のほか、堺市、神戸市、京都市、尼崎市が選定されています(2018年7月30日現在)。

     詳しくは下記のページをご参照ください。

    環境モデル都市のページはこちら

    連携協定に基づくそれぞれの役割

    ◆ 生駒市
      「環境モデル都市アクションプラン」に係るICTを活用した先進的な取組みを実施します。
    ◆ いこま市民パワー
      ICTを活用した市民生活の質を向上させるコミュニティサービスを提供します。
    ◆ ドコモ
      自社が保有するビジネスアセットやノウハウを活用し、「環境モデル都市」生駒市を支えるICTの活用策等について提言を行います。

    連携協定に基づく具体的な取り組み

    ◆2018年度中に実現するもの

    (1) ICTを活用したコミュニティサービスの推進
     ・市民向け情報発信アプリの提供
     ・登下校見守りサービス

    (2) 資源循環・エネルギー自給に関する意識醸成
     ・電気料金等の見える化


    ◆今後検討するもの(例)

    (1) ICTを活用したコミュニティサービスの推進
     ・高齢者見守りサービス
     ・市民の健康増進基盤

    (2) 資源循環・エネルギー自給に関する意識醸成
     ・HEMS・BEMS分野のエネルギー見える化

    (3) 防災・減災機能の向上
     ・避難所情報等の発信

    お問い合わせ

    生駒市地域活力創生部SDGs推進課

    電話: 0743-74-1111 内線(SDGs未来都市推進係:375、低炭素まちづくり推進係:379)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2018年7月30日]

    ID:14393