ページの先頭です

得する省エネ・節電術  お風呂場編

[2018年3月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

お風呂場で取り組める省エネ・節電





 お風呂では、大量の水とそれを温めるエネルギーが必要になってきます。
 それを少しでも少なくすむような工夫をご紹介します。

お風呂を沸かすのに必要なエネルギーを削減する

・お風呂を沸かすときや入った後はふたをする。

・追い炊きを避けるために家族で時間を空けずに入る(1日1回、2時間放置により4.5℃低下した湯(200ℓ)を追い焚きする場合、年間でガス38.2㎥、約6,880円の節約になります)。


残り湯での洗濯

 残り湯を再利用することにより、1回に数十リットルの水を節約することができます。


・残り湯は温かいうちに利用すると洗濯物の汚れが落ちやすく、水道水を大きく削減できます。

・最初の洗いだけ残り湯を利用し、すすぎで水道水を利用するとニオイが気になりません。


シャワーの水量

 節水シャワーヘッドなどを使えば節約できますが、シャワーを使い過ぎないように心がけることが大切です。


・シャワーを1分間使うと12リットルのお湯が流れます。それを16分ほど使用すると、浴槽約1杯分となります。シャワーの使い過ぎには気を付けましょう。



  出典:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.