ページの先頭です
FAQ(よくある質問)

確定申告が不要なときの市・県民税の申告

[2015年7月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

税務署で確定申告は不要と言われましたが、市・県民税の申告も不要ですか?

回答

確定申告が不要とされる場合でも、市・県民税申告が必要な場合があります。ただし、市・県民税が課税されない所得金額の場合は除きます。
確定申告と、市・県民税申告とでは、申告義務が異なる点はいくつかありますが、主なものは次の2点です。

  1. 給与を1ヶ所から受けていて、給与以外の所得が20万円以下の場合は、確定申告が不要です。
    この給与以外の所得には、個人年金の受け取り、講師や原稿料などの報酬、少額配当などがあります。
  2. 公的年金収入が400万円以下で、公的年金以外の所得が20万円以下の方は確定申告が不要になりました
    (還付を受ける方は除きます)。

どちらの場合も、市・県民税の申告が必要になります。
なお、確定申告をしないため控除が受けられない場合は、市・県民税申告により控除の申告をすることになります。

関連項目

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.