ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

生駒市ふるさと納税特設サイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

メニューの終端です。

現在位置

あしあと

    おすすめのお礼の品 中国菜館桂花のおせち

    • [更新日:2023年2月1日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    住んでいる人の目線でまちの魅力を発信する市民PRチーム「いこまち宣伝部(別ウインドウで開く)」のみなさんに、お礼の品になっている生駒の銘品や作り手をご紹介いただいています。今回は、「いこまち宣伝部」7期生のもなさんにご紹介いただきます。

    2022年のおせちの写真

    画像提供:中国彩館桂花 (注意)写真は2022年のおせちです。

    地域に愛される中華料理店

    桂花外観の写真

    20年前から生駒市真弓南に店を構える「中国菜館 桂花」。市外からのお客さんも多く、連日にぎわっているお店です。オーナーのこだわりは、奈良県産の野菜を取り扱っていること。大和牛やばあく豚、生駒市鹿ノ台の農家さんと直接取引をし、地産地消の料理を提供します。

    落ち着いた店内でゆっくり味わう

    海老のチリソース煮の写真

    店内は、ゆっくりと中華を味わうには絶好の雰囲気。なじみのある中華料理メニューでもこのお店のお料理はどれもとても味わい深く、一口一口ゆっくりといただきたくなります。訪れた日は、おせちの一品にもなっている海老のチリソース煮をオーダー。ジューシーなエビの間に風味豊かな玉ねぎもしっかり味わえ、全体的に「優しい辛さ」と感じました。

    本格中華がおせち料理に

    おせちに入っている料理の写真

    画像提供:中国彩館桂花

    桂花のおせちは毎年30品前後、4~5人前のボリュームで地元の食材中心に自慢の品を詰め込んでいます。料理長の田中さんのお話では、最近では100件以上の予約が入るほど人気で、お子さんがいらっしゃる家庭や親戚が集まる機会にと思われている方には中華料理のおせちはとても重宝がられるそう。おせちは大晦日に引き渡し。1週間前からお店に泊まり込んで、厨房の微妙な温度調整をしながら作り上げています。おせちの特性上、お店で出している味付けより少し濃いめに仕上げ、何日か後に食べても満足のいく料理にしていると話されていました。

    中国菜館桂花のおせちがふるさと納税の返礼品に

    百貨店やお取り寄せの中でもまだまだ珍しい中華のおせち料理。生駒の名店が手掛ける「本格中華おせち料理」とともに新しい年を迎えられるのはとても貴重なことだと思います。ぜひ一度桂花の心落ち着く中華を味わいながら、新年の予定を立ててみてはいかがでしょうか。


    注意事項

    ふるさとチョイスへのリンク
    楽天ふるさと納税へのリンク

    ライタープロフィール

    ライターとみーさんの写真

    もな(村田 直子)
    岐阜県出身。生駒歴:2017年4月~2022年7月。普段は大阪で働き、休日は、地元のグルメ・地酒を探している。市外に住み始めてからも、生駒のお店探索は楽しみのひとつ。
    いこまち宣伝部7期生として活動したことで、美味しいもの・素敵なお店を探し当てる嗅覚に磨きをかけたかもしれない。

    お問い合わせ

    ◆ポータルサイト「さとふる」からご寄附された方
    問い合わせ専用窓口「さとふるサポートセンター」
    営業時間:平日10時~17時 
    TEL:0570-048-325
    MAIL:ask@satofull.co.jp

    ◆「楽天」「ふるさとチョイス」「市役所窓」等、「さとふる」以外からご寄附された方
    問い合わせ専用窓口「ふるさと納税サポートセンター」
    受付時間:平日9時~18時
    TEL:050-5443-0285

    [公開日:2022年11月22日]

    ID:31108