ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

生駒市ふるさと納税特設サイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

メニューの終端です。

現在位置

あしあと

    おすすめのお礼の品 シュガーアートプレート

    • [更新日:2022年7月21日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    住んでいる人の目線でまちの魅力を発信する市民PRチーム「いこまち宣伝部(別ウインドウで開く)」のみなさんに、お礼の品になっている生駒の銘品や作り手をご紹介いただくことになりました。今回は、実際にふるさと納税を利用した「いこまち宣伝部」6期生の瀧本万弓さんにご紹介いただきます。

    お祝いにぴったりなシュガーアート

    シュガープレートの写真

    シュガーアートとは、砂糖や卵白などで作られた観賞用のアート作品。色彩は食用色素などを調合し表現されています。形に残せて長持ちすることから、お祝いの品におすすめです。
    今回取材したシュガーアートプレートのモチーフであるベビーシューズは、シュガーアート発祥のイギリスでは「幸せを運んできてくれるもの」と言う意味があるそう。結婚や出産だけでなく、さまざまなお祝いのシーンで贈り物として利用されています。

    好奇心と探求心からうまれる繊細な表現

    Sweets Labo Kasi Yu.さんの写真

    シュガーアートを手掛けるのは、Sweets Labo kasiのYu.さん。Yu.さんの作る主役のベビーシューズ、文字や数字、周りのデコレーション、一つ一つの形がどれも細部にわたって丁寧に作られています。立体で見るので、360度どこから見ても美しく見えることにもこだわってるそうです。

    取材のなかで、子どもの時に楽しかったことが今のお仕事につながっていること、人に喜んでもらうのが好きという気持ちを大切にされていることなど、Yu.さんのお仕事の基礎となる部分をお伺いしました。「お一人の方の人生の中でたくさんのお祝い事があると思いますが、その節目節目をシュガーアートの作品と一緒にお祝いできることが幸せです」とお話しされる姿が印象的でした。

    シュガーアートの写真

    ふるさと納税の返礼品になっているベビーシューズ シュガーアートプレート以外にも、オーダーメイドにも対応。お客様へヒアリングした内容を元に作品のイメージをつくりあげていきます。
    この時に大事にしているのは、ご自身の五感。見て、聞いて、触れて。さまざまな感覚が作品づくりのヒントにつながり、持前の好奇心と探求心とも相まって、様々なお客様のオーダーに応えることができています。

    シュガーアートプレートがふるさと納税の返礼品に

    今回ご紹介したベビーシューズ シュガーアートプレートに加え、母の日のカーネーションもふるさと納税のお礼の品になっています。コンフィチュールやスコーンのセットのお取り扱いもあります。


    注意事項

    ふるさとチョイスへのリンク
    楽天ふるさと納税へのリンク

    ライタープロフィール

    ライター辻本さんの写真

    瀧本万弓
    奈良県生まれ。2014年から生駒市在住。生駒のことをもっと知りたいと、いこまち宣伝部に応募。活動を通して、沢山の人と話すこと、カメラを片手に様々な場所に出かけて行くことが楽しく、生駒の良さを感じるきっかけにもなる。
    家の近くから生駒山を眺めては元気をもらう日々。土いじり、散歩、読書が好きな3児の母。

    お問い合わせ

    ふるさと納税専用お問い合わせ窓口「ふるさと納税サポートセンター」
    受付時間:土日祝日を除く9時から18時
    電話: 050-8888-8171

    [公開日:2022年3月29日]

    ID:29052