ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    FAQ(よくある質問)

    • [更新日:2015年7月7日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    休日の婚姻届について

    今年の9月に生駒市で婚姻届を出す予定にしています。
    出したい予定日が5日でちょうど日曜になります。
    一緒に提出できる日が休みの日しかないのでどうしても5日に出したいのです。そして、受理される日も暦の関係上5日が良いので、休日にはどこに提出すればよいか教えていただけますか。

    回答

    戸籍の届出に関しては、市民課窓口の執務時間に関わらず常に受付させていただいておりますが、休日・祝日・夜間等の執務時間外の届出は市役所1階正面玄関左側の「夜間窓口」にて警備員が「お預かり」することになっています。
    その場での審査はできませんので、その時はあくまでも「お預かり」となり、翌営業日に戸籍担当係員が内容を点検させていただき、記載内容に不備がなければ「お預かり」した日時をもって「受理」となりますので、戸籍も届出年月日付で婚姻の記載をすることになります。
    ただし、もしも届書を点検した際に記載不備があり、訂正していただかなければ受理ができない状態の場合、本来届書を一旦返却しなければならないのですが、返却→訂正→再度提出していただくと、再提出の日が戸籍上の婚姻年月日になってしまいます。
    点検後、受理決定の場合も不備がある場合も電話連絡いたしますので、必ず連絡を受けていただける電話番号を警備員に伝えていただくことと、要訂正の場合は連絡後、即日に届出人またはその意志を受けられた親族の方に訂正に来ていただければ便宜的に当初の日付での処理をいたしますので、お勤めや新婚旅行等でご本人が動けない場合は事前にどなたかにご依頼されることをお願いいたします。
    届出の翌日、使者として動ける方がいらっしゃらない時は、事前に最寄りの役所で平日日中に届書及び添付資料の点検を受けておかれることをお奨めします。(点検・届出とも、届書の記入をご本人がされた後、親族等使者の方にご持参いただいてもかまいません。)

    なお、以下は婚姻届に関する参考事項です。

    婚姻届をされる場合、夫または妻の届出時点の住所地か本籍地で届出していただくことになります。
    生駒市に届出をされる場合の「必要書類」は、以下のとおりです。

    • 「婚姻届」
      最寄りの市役所窓口で事前にもらってください。
      必要事項を記載し、夫及び妻の署名・押印、成人の証人2名の署名・押印が必要です。
      必要事項中、特に夫妻どちらの氏を選択するかのチェック欄と、夫妻の新戸籍欄の記載が漏れていると、届書の受理ができません。夫妻どちらかの現在の本籍地と同じところに新本籍を設定する時も、必ず新本籍欄に土地の名称・地番号まで全てご記入ください。
      (注意)新本籍は「現在存在している土地」にしか設定できませんので、稀に従前本籍と同じところでも設定できない事があります。詳しくは、電話等で照会してください。
    • 夫及び妻の「戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)」(注意)本籍地で届出する方のみ不要。
      事前に本籍地からお取り寄せください。

    住所の変更については、婚姻届とは別個ですので、実際の異動に併せて手続きしていただければ結構です。平日日中のみ手続き可能です。
    住所の市町村が変わる場合は、先に現住所地に転出届をして「転出証明書」の交付を受けておき、新住所にお住まいになった日以降、2週間以内に転入届をしてください。

    お問い合わせ

    市民部 市民課 

    電話番号: 0743-74-1111 内線(市民係:304)

    ファクス番号: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2015年7月7日]

    ID:112