ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    中学生がお気に入りの本への想いを本気でプレゼン ビブリオバトル市内中学生大会を開催します

    • [更新日:2022年12月7日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    令和3年度、100名を超える参加者のあった「ビブリオバトル市内中学生大会」を令和4年度も開催します。各校の学校司書も運営に携わり、中学生が熱い書評合戦を繰り広げます。中学生が選ぶオススメの本の中から新たなチャンプ本が誕生する瞬間は、生徒や保護者だけでなく、市民の皆さんも観戦可能です。
    令和4年度の調査では、学校の授業時間以外には本を読まないと回答した市内中学生は42.4%。全国平均と比べて約3ポイント低い結果になりました。読書活動は「言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付ける上で欠くことのできないもの」です。ビブリオバトルは、お互いの好きな本を共有し合ったり、本を読む楽しさを伝えたりでき、読書への関心を高められる取組として事業を推進しています。

    第7回生駒市長杯ビブリオバトル市内中学生大会

    ◇日時 令和4年12月23日(金) 予選13時30分~、決勝14時45分~16時00分
    ◇場所 図書会館市民ホール(生駒市辻町238)
    ◇定員 バトラー25人(予定)、観戦者100人
    ◇申込み 観戦申込用フォームからか電話で教育指導課
    申込フォーム:https://forms.gle/uFtQ8pD87AhfZcM47

    大会ポスターも市内中学生が制作!

    大会の周知を図るポスターは、市内の中学生から公募。応募の中から、鹿ノ台中学校の藤井いちかさんの作品が選ばれました(ポスターは、各中学校や市役所でも掲示しています)。

    ビブリオバトルのルール

    発表者がお気に入りの本を持ち寄り、それぞれが5分で本の魅力を紹介します。3分間の質問タイムを経て全員が発表を終えたら、観戦者が「読みたくなった本」に投票し、チャンプ本を決定します。発表者だけでなく、観戦者も能動的に参加する「本気で話す、本気で聞く」ゲームです。

    お問い合わせ

    生駒市 教育こども部 教育指導課
    電話: 0743-74-1111 内線(指導係:2710) ファクス: 0743-74-9100

    [公開日:2022年12月6日]

    ID:31319