ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    令和4年度低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)

    • [更新日:2022年6月27日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     


    低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)とは

    新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し給付金を支給します。

    ひとり親世帯の方で、すでに給付金を受け取っている方には支給されません。

    支給は1回のみです。同一児童に重複して支給はされません。


    この給付金に関する一般的なお問い合わせについては下記の厚生労働省コールセンターにお願いいたします。

    電話番号 0120-400-903(受付時間:平日9時0分-18時0分)
     ファックス番号 0120-300-466(24時間受付(土日祝を含む))


    支給金額

    対象児童一人当たり5万円

    対象児童:平成16年4月2日から令和5年2月28日までに生まれた児童(一定以上の障がいを持つ場合で特別児童扶養手当の支給を受けている方は平成14年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた方も対象。)


    支給要件

    低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)(別ウインドウで開く)をお受け取りの方以外の、(1)もしくは(2)の方

    詳しくは該当条件の個所をご覧ください。

    (1)令和4年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当の支給を受けている方で、令和4年度住民税均等割非課税の方

    (2)(1)のほか、平成16年4月2日から令和5年2月28日(障がい者は20歳未満)(注意)の養育者で、以下のいずれかに該当する方

       ア、令和4年度住民税均等割が非課税(養育者である父母等ともに非課税の方)
       イ、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変し、令和4年度住民税均等割が非課税である者と同様の事情があると認められる方(家計急変者)  

    (例)高校生のみ養育している方,令和3年中は収入があり非課税でなかったが、令和4年1月以降収入が急変した方など

    (注意)(2)のイについては、令和4年1月分以降の任意の一カ月分の収入を12か月分に換算し、1年間の収入が非課税である方と同水準まで家計が急変した方を指します。ただし、新型コロナウイルス感染症とは無関係に収入が減少した方や、一時的に収入が減少したが、その前後の収入により令和4年中の所得が非課税世帯よりも上回ることが明らかな場合は対象外となります。)


    非課税相当収入限度額および非課税所得限度額の表

    非課税相当収入限度額
    世帯の人数非課税相当収入限度額月額目安
    2人(例)母・子1人        1,469,000円122,417円
    3人(例)母・父・子1人        1,877,000円156,417円

    4人(例)母・父・子2人

            2,327,000円193,917円

    5人(例)母・父・子3人

            2,777,000円231,417円
    6人(例)母・父・子4人        3,227,000円268,917円
    非課税所得限度額
    世帯の人数非課税所得限度額
    2人(例)母・子1人         919,000円
    3人(例)母・父・子1人        1,234,000円

    4人(例)母・父・子2人

            1,549,000円

    5人(例)母・父・子3人

            1,864,000円
    6人(例)母・父・子4人        2,179,000円

    (注意)世帯の人数は以下の合計人数です。

    ・申請者本人

    ・同一生計配偶者(前年収入金額103万円以下の方)

    ・扶養親族(子どもなど)(16歳未満の者も含む)


    申請方法・支給日等

    (1)令和4年4月分の児童手当又は特別児童扶養手当の支給を受けている方で、令和4年度住民税均等割非課税の方

    申請方法

    原則申請不要です。

    ただし、下記のいずれかに該当する方は期日までに申請が必要です。

    1.令和4年度所得(令和3年1月から12月までの収入)が未申告の方(本給付金の申請に合わせて市役所13番窓口の課税課で令和4年度市民税・県民税の申告をお願いします)

    2.令和4年1月1日時点で生駒市に住民票がない方

    3.児童手当を職場より受給している公務員の方(申請前に勤務先から申請書に証明(児童手当受給状況)を受けていただく必要があります。)

    4.平成14年4月2日~平成19年4月1日生まれの児童に係る特別児童扶養手当を受給されており,中学校を卒業された障害のない別の児童がいる方については,障害のない別の児童分の給付金を受給する方(特別児童扶養手当の対象児童分については,申請不要で支給します。)。 

    5.令和4年4月から令和5年2月末日までに出生する新生児を養育する方

    〈申請方法及び申請期日〉

    下記の書類を令和5年2月28日まで(郵送の場合は令和5年2月28日必着)に生駒市役所こども総務課庶務給付係へご提出ください。ただし、令和5年2月下旬に生まれる児童については、誕生日の翌日から起算して15日目の日を締切日とします(例えば、令和5年2月28日生まれの児童の場合、令和5年3月15日(必着)が締切日)。

      ・ 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

      ・ 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し

      ・ 申請・請求者の世帯の状況,対象児童との関係性を確認できる書類の写し(戸籍謄本・児童の住民票など)

        (請求者が児童のいる世帯の世帯主である場合等、公簿で確認できる場合は不要)

      ・ 振込口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードなど)の写し

      ・ マイナンバーカード(裏面)又はマイナンバーが確認できる書類の写し

    支払日

    申請不要の方:令和4年7月15日支払予定

    申請が必要な方:審査の上、支給が決定しましたら、支払通知書で支払日を通知いたします。支給要件を満たさない場合は、不支給の旨お知らせいたします。

    (注意)税情報などの確認が取れ次第、支給の可否の審査を行います。税の申告の有無や税情報の反映時期によっては、審査に時間を要する場合があります。

    (2)(1)以外の平成16年4月2日から令和5年2月28日までに生まれた児童の養育者のうち非課税世帯など

    申請方法

     〈申請方法〉

    下記の書類を令和5年2月28日まで(郵送の場合は令和5年2月28日必着)にご提出ください。 

    ただし、令和5年2月下旬に生まれる児童については、誕生日の翌日から起算して15日目の日を締切日とします(例えば、令和5年2月28日生まれの児童の場合、令和5年3月15日(必着)が締切日)

    ア、令和4年度住民税均等割が非課税(養育者である父母等ともに非課税)の方

     〈必要書類〉

     ・ 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

     ・ 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し

     ・ 申請・請求者の世帯の状況,対象児童との関係性を確認できる書類の写し (注意1)

     ・ 振込口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードなど)の写し

     ・ マイナンバーカード(裏面)又はマイナンバーが確認できる書類の写し

     その他状況により必要な書類がありますので、児童と別居している場合や令和4年1月1日現在で海外に在住している場合などはこども総務課までお問合せください。


    イ、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変し、令和4年度住民税均等割が非課税である者と同様の事情があると認められる方(家計急変者) (令和4年度住民税均等割が非課税ではないが、令和4年1月以降に家計が急変した方など)

     〈必要書類〉

     ・ 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)申請書(請求書)

     ・ 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し

     ・ 申請・請求者の世帯の状況,対象児童との関係性を確認できる書類の写し (注意1)

     ・ 振込口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードなど)の写し

     ・ 簡易な収入(所得)見込額の申立書

     ・ 各収入額が分かる書類等(令和4年1月以降家計が急変した方など) (注意2)

     ・ マイナンバーカード(裏面)又はマイナンバーが確認できる書類の写し

     ・ その他状況により必要な書類があります。(例)児童と別居している場合



    (注意1)詳しくは申請書(請求書)の「3.給付金申請児童等」の表A下部をご確認ください。

    (注意2)イに該当する方(家計急変者)については,令和4年1月以降の任意の月の収入(1ヶ月)が分かる書類(直近の給与明細・自営業の方は直近の一か月の収支がわかる書類)等も併せて提出してください。詳しくは、「簡易な収入(所得)見込額の申立書」の注意事項をご確認ください。

    収入が0円の場合は、収入状況申立書をご提出ください。


    申請書類

    支払日

    審査の上、支給が決定しましたら、支払通知書で支払日を通知いたします。支給要件を満たさない場合は、不支給の旨お知らせいたします。


    申請書の提出先

    〒630-0288

    生駒市東新町8番38号

    生駒市役所こども総務課 庶務給付係

    “振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

     ご自宅や職場などに生駒市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。

     もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに生駒市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。

    お問い合わせ

    生駒市 教育こども部 こども総務課
    電話: 0743-74-1111 内線(庶務給付係:2811、学童係:2820) ファクス: 0743-75-6826

    [公開日:2022年6月27日]

    ID:29622