ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    公園施設健全度調査の結果

    • [更新日:2022年5月27日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    令和3年度 公園施設の健全度調査の結果

    健全度調査の実施

     遊具などの点検に当たっては、専門技術者が目視診断、触手診断、聴音診断、打音診断・揺動診断、あるいは点検器具や測定機器などを使用して行います。

    令和3年度の健全度調査の結果

     182公園・696施設の調査を実施し、A・B判定が562施設(81%)で、状態が良く健全な施設が多いという結果でした。C判定の132施設については、再度目視などで点検し、必要に応じて修繕して、安全に使用できることを確認しています。D判定の2施設については、以下のとおり対応し、安全に使用できることを確認しています。

    健全度調査の結果と対応(D判定)
    公園施設・遊具健全度調査の結果対応対応後
    イモ山公園
    複合遊具部材の欠損 チェーンの摩耗部品の交換使用可能
    ほたるだに公園
    すべり台部材の破損補修使用可能

    健全度調査における評価基準

    評価基準
    A全体的に健全である。
    緊急の補修の必要はないため、日常の維持保全で管理するもの。
    B全体的に健全だが、部分的に劣化が進行している。
    緊急の補修の必要性はないが、維持保全での管理の中で、劣化部分について定期的な観察が必要なもの。
    C全体的に劣化が進行している。
    現時点では重大な事故につながらないが、利用し続けるためには部分的な補修、もしくは更新が必要なもの。
    D全体的に顕著な劣化である。
    重大な事故につながる恐れがあり、公園施設の利用禁止あるいは、緊急の補修、もしくは更新が必要とされるもの。

    出典:公園施設長寿命化計画策定指針案【改訂版】(平成30年10月 国土交通省都市局 公園緑地・景観課)

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:3520、公園係:3512)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年5月27日]

    ID:29149