ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    ウクライナ避難民の皆さんに市営住宅を提供、市民ボランティアと協力した生活支援を実施します

    • [更新日:2022年3月16日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に伴い、多数のウクライナ人の方々が国外に避難しています。日本政府も今月2日に受け入れを表明し、すでにウクライナ避難民の我が国への入国が始まっています。このような状況を踏まえ、本市でも、ウクライナ避難民の皆さんを受け入れる準備を進めます。
     まず、市営住宅等の空き住宅を2戸確保し、避難民の皆さんに提供する準備を整えました。入居希望が増える場合は、提供できる住宅をさらに増やします。今後、入居する方が具体化した場合は、当面の生活に必要な物資等を市で用意するほか、ウクライナ語を話せる方を中心に市民や国際交流団体等の方から、通訳、生活支援・相談などをサポートしてくださる方を募集し、包括的な支援体制を整備していきます。

    支援の概要

    1. 市営住宅等の提供…生駒市の市営住宅、再開発住宅のうち、2戸を無償で提供します(利用されていない住宅のリフォーム・クリーニングを実施済み、即入居可能)。また、今後、入居希望が増えれば、さらにリフォーム・クリーニングを行い、対象住宅を拡大予定です。
    2. 市による当面の生活に必要な物資等の無償提供…市から当面の食料や衣服等の生活必需品を無償で提供します。
    3. 避難民の皆さんの生活を支援するサポーターを募集…避難民の皆さんが、本市に来られることが決まった際には、市役所で可能な限り対応しますが、日常生活の支援、通訳、相談相手になるサポーターが必要となります。ウクライナ出身の方、ウクライナ語を話すことのできる方、国際団体の方など、避難民の皆さんを支えるサポーターを募集します。

    (注意)詳細については調整中であり、国や県等からの指示等により、支援内容等変更する可能性があります。

    お問い合わせ

    住宅に関すること…建設部営繕課(内線531)
    生活支援全般に関すること…市民部人権施策課(内線651)

    [公開日:2022年3月16日]

    ID:29032