ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金 [現金10万円給付]

    • [更新日:2022年1月19日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

     生駒市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援するために18歳以下の子ども1人当たり10万円相当を給付する一時金を、所得制限で対象外となっていた世帯や離婚して受け取れなくなったひとり親家庭にも給付することを正式に決定しました。

    詳細についてはリンク先の令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金(市独自分)のページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    ________________________________________________________________________________________

     新型コロナウィルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援するために特別給付金を支給します。

     以下の支給対象者を確認の上、申請が必要な場合は、お手続きをしてください。


     この特別給付金の一般的なお問い合わせには、内閣府が開設したコールセンターが対応しています。

     電話番号 0120-526-145(フリーダイヤル)

     時間 午前9時から午後8時(土日祝を含む、12月29日から1月3日を除く) 

     

    支給額

    児童1人につき現金10万円


    支給対象者

      令和3年9月30日時点で、以下の1から4のいずれかに該当し、令和2年中の所得が児童手当の所得制限限度額未満の場合

    所得制限限度額

    所得制限
    扶養親族等の数所得額(万円)収入額の目安(万円)
    0人

    622

    833.3
    1人660875.6
    2人698917.8
    3人736960
    4人7741002
    5人8121040

    (注意)扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(里親等に委託されている児童や施設に入所している児童を除きます。)並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数です。

    (注意)扶養人数が6人以上いる場合は、5人を超えた1人につき38万(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上のものに限ります。)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額が限度額になります。

    (注意)収入額の目安は給与収入のみで計算しています。あくまでも目安ですので、ご注意ください。

    (注意)医療費控除や小規模企業共済掛金控除などの控除があれば、所得から控除した金額が上の表の制限額を超えているかで審査します。諸控除の額次第では、所得制限限度額内になる可能性もあります。ただし、一般扶養の控除は、この給付金の支給算定では控除されません。


    1 生駒市から令和3年9月分の児童手当を受けている方

    原則、申請不要です。

    対象の方には令和3年12月15日付の文書を郵送しています。

    (注意)特例給付(児童一人あたり5,000円の手当額を支給している方の給付)を除きます。

    (注意)令和3年9月1日以降に児童の養育状況が変わり、児童手当の受給者を変更されている場合でも、令和3年9月分の児童手当を支給している方に振り込みになりますのでご了承ください。

    支給日

    令和3年12月24日に支払い済みです。

    児童手当の登録口座をご確認ください。

    2 所属庁から令和3年9月分の児童手当を受給した公務員の方

    申請が必要です。

    必要書類をご準備をいただき、できるだけ郵送で申請してください。(新型コロナウィルス感染症予防にご協力ください。)

    (注意)特例給付(児童一人あたり5,000円の手当額を支給している方の給付)を除きます。

    必要書類

    ・申請書

    ・申請者(令和3年9月分の児童手当を受給した方)名義の振込口座の通帳またはキャッシュカードのコピー

    ・児童手当の受給が確認できるもの(令和3年9月分の児童手当の振込が確認できる給与明細や振込通知書など)

    ・対象児童の住民票(令和3年9月分の児童手当を受給した方は生駒市に住民登録をしているが、対象児童が生駒市以外で住民登録をしている場合のみ必要。)

    申請書(申請用紙のタイトルが「高校生等」となっていますが中学生以下の方もご記入いただいてかまいません。)

    申請における注意事項

    平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれの児童及び令和3年9月1日以降に出生した児童も養育している場合は、同一の申請書類で申請することができます。

    申請方法

    生駒市役所こども課に原則郵送で提出してください。(感染症対策のため郵送申請のご協力お願いいたします。)

    申請期日

    令和4年3月8日(必着)

    支給日

    支給の可否を決定した後、支給対象者には支給日を記載した支払通知書を送付しますので、その通知書でご確認ください。


    3 平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれの児童を養育している方

    申請が必要です。

    令和3年12月27日付で 案内文書、申請書、返信用封筒 を対象児童宛に発送しました。

    必要書類をご準備をいただき、できるだけ郵送で申請してください。(新型コロナウィルス感染症予防にご協力ください。)

    (注意)給付金を支給する自治体は、対象児童を養育する父母等のうち、所得が高い方が令和3年9月30日時点で住民登録をしている市区町村です。単身赴任等で児童と別居している場合は、児童が住民登録をしている市区町村ではなく、対象児童を養育する所得が高い方が住民登録をしている市区町村での申請になります。

    (注意)申請者の令和2年中の所得が所得制限限度額以上の方を除きます。

    必要書類

    ・申請書

    ・申請者名義の振込口座の通帳またはキャッシュカードのコピー

    ・対象児童の住民票(対象児童を養育している父母等で所得の高い方は生駒市に住民登録をしているが、対象児童が生駒市以外で住民登録をしている場合のみ必要。)

    (注意)児童を養育されている父母等が令和3年1月1日時点で生駒市に住民登録がない場合は、令和3年度課税証明書の添付が必要です。ただし、税情報をマイナンバーの情報連携で照会が可能になると添付は不要になります。早期に給付金の受け取りを希望される場合のみ添付してください。

    (注意)配偶者からの暴力を受けている方や離婚に向けて調停等をされている場合は、別途添付いただく書類がございます。状況を聞いたうえで、支給対象になるか否か及び必要書類のご案内をさせていただきますので、下記問い合わせ先にご連絡ください。

    申請書

    申請における注意事項

    ・中学生以下の児童を養育している場合は、申請者の欄には児童手当を受給している方(児童手当の振込口座の名義の方)の氏名をご記入ください。平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれの児童のみを養育している場合は、父母等のうち所得の高い方の氏名をご記入ください。

    ・対象児童が児童養護施設等に入所している場合は、施設へ支給します。また、婚姻している場合はこの給付金の支給対象外です。

    申請方法

    生駒市役所こども課に原則郵送で提出してください。(感染症対策のため郵送申請のご協力お願いいたします。)

    申請期日

    令和4年3月8日(必着)

    支給日

    支給の可否を決定した後、支給対象者には支給日を記載した支払通知書を送付しますので、その通知書でご確認ください。


    4 令和3年9月1日から令和4年3月31日までに生まれた新生児

    A 令和3年9月1日から令和3年12月31日生まれの新生児(公務員の方を除く)

    生駒市で児童手当の認定請求を提出された方については、原則申請不要です。

    対象の方には後日通知をお送りします。支給日につきましては、決まり次第ホームページでお知らせします。

    (注意)特例給付(児童一人あたり5,000円の手当額を支給している方の給付)で認定を受けた方を除きます。

    B 令和3年9月1日から令和3年12月31日生まれの新生児(児童手当受給者が公務員の方)

    申請が必要です。下記Cの必要書類を確認いただき、申請してください。

    (注意)特例給付(児童一人あたり5,000円の手当額を支給している方の給付)で認定を受けた方を除きます。

    C 令和4年1月1日から令和4年3月31日生まれの新生児

    申請が必要です。

    児童手当の認定請求の手続きの際に、申請書をご記入いただきます。

    (注意)特例給付(児童一人あたり5,000円の手当額を支給している方の給付)で認定を受けた方を除きます。

    必要書類

    ・申請書

    ・申請者(児童手当を請求した請求者)名義の振込口座の通帳またはキャッシュカードのコピー

    ・対象児童の住民票(児童手当の受給者は生駒市に住民登録をしているが、対象児童が生駒市以外で住民登録をしている場合のみ必要。)

    (注意)児童を養育されている父母等が令和3年1月1日時点で生駒市に住民登録がない場合は、令和3年度課税証明書の添付が必要です。ただし、税情報をマイナンバーの情報連携で照会が可能になると添付は不要になります。早期に給付金の受け取りを希望される場合のみ添付してください。

    申請書

    申請方法

    出生届等を生駒市外でご提出された場合や、児童手当を請求される方(対象児童の父母等で所得の高い方)のみが生駒市に住民登録がある場合は、生駒市役所こども課に原則郵送で提出してください。(感染症対策のため郵送申請のご協力お願いいたします。)

    申請期日

    令和4年3月8日(必着)

    (注意)令和4年2月から3月生まれの児童につきましては、取り扱いが変わる場合があります。

    支給日

    支給の可否を決定した後、支給対象者には支給日を記載した支払通知書を送付しますので、その通知書でご確認ください。


    提出先

    〒630-0288

    生駒市東新町8番38号 生駒市役所 こども課 庶務係

    “振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください。

     ご自宅や職場などに生駒市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに生駒市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。



    お問い合わせ

    生駒市 教育こども部 こども課 子育て世帯への臨時特別給付金担当
    電話: 0743-72-2560  ファクス: 0743-75-6826

    [公開日:2021年12月27日]

    ID:27936