ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    新型コロナウイルス感染症対策として運用していた「特別救急搬送専属隊」を一時解任します

    • [更新日:2021年11月22日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     生駒市消防本部は、令和3年12月1日午前8時30分をもって「特別救急搬送専属隊」を一時解任し、同日午前9時から解任式を行います。
     「特別救急搬送専属隊」は新型コロナウイルス感染症が疑われる傷病者(感染者を含む)の救急搬送による市民や他の職員への二次感染を防止するため、令和2年4月27日から運用してきましたが、市内の新規感染者が減少したため、解任するものです。なお、専用救急車の運用は継続します。

    解任式

    ◇日  時  令和3年12月1日(水曜日) 午前9時から
    ◇場  所  生駒市消防本部3階講堂 (注意)災害発生時は、中止する場合があります。

    これまでの活動実績(令和3年11月18日現在)

    ◇選任期間  令和2年4月27日午前9時~令和3年12月1日午前8時30分
              (令和2年7月1日~7月7日の7日間を除く)
    ◇選任隊員  延べ162名
    ◇出動件数  166件
    ◇搬送人員  171名(うち陽性者80名)

    今後の消防体制

     これまでは特別救急搬送専属隊を選任して、専用救急車を運用する「防御体制」としていましたが、解任後は通常の救急隊が専用救急車に乗り換えて運用する「警戒体制」とします。なお、今後新規感染者や専用救急車での救急出動が増加(増加のおそれが予測される場合も含む)した場合には、直ちに専属隊を選任し、速やかに「防御体制」に移行できる体制を整えています。

      警戒体制とは…新型コロナウイルス感染症が疑われる傷病者(感染者を含む)を搬送する専用救急車を運用する体制
      防御体制とは…新規感染者や救急出動が増加(増加のおそれがある場合を含む)した場合に、特別救急搬送専属隊1隊を増隊し、専用救急車の運用する体制
      専用救急車とは…アイソレーターを装備するなど、感染防止対策を事前に施した救急車

    お問い合わせ

    生駒市消防本部警防課(池田、橘)(電話)0743-73-0119(内線400)

    [公開日:2021年11月22日]

    ID:27881