ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

  • ホーム
  • 「筆箱物語」 筆箱の思い出エピソード募集!

あしあと

    「筆箱物語」 筆箱の思い出エピソード募集!

    • [更新日:2021年12月16日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    筆箱にまつわるエピソードを募集します!

    ⽣駒市に⼯場を構える⽂具メーカーのクツワ⼯業株式会社様(以下、クツワ⼯業、敬称略)は本市と同様、今年で50期⽬を迎えます。クツワ⼯業では、⼦ども向けの筆箱を製造されていますが、皆さまも、一度は、手にされ、見たことがあるのではないでしょうか。

     昨年、本市職員が、工場訪問をさせていただいた際に、下記(エピソード0、参照)のようなメーカーの思い、「職人魂」に触れるようなエピソードをお聞きしました。このほかにも、祖⽗からプレゼントされた思い出の詰まった筆箱を卒業まで使いきりたいというリクエストに応え修理したエピソードや筆箱を⼤学⽣まで使い続けているエピソードなどが届くことがあるそうです。

     そこで、本市の市制50周年と同社の50期を記念して、皆様の「思い出」の詰まった筆箱にまつわるエピソードを「筆箱物語」として広く募集することになりました。

    筆箱にまつわるエピソードをお持ちの⽅は、奮って、ご応募ください︕︕

    応募⽅法は、以下URLにアクセス頂き、あなたの「思い出のエピソード」をご記⼊頂くのと合わせて、使っていた当時の筆箱を保管されていましたら、その筆箱が映っている写真(写真がなくてもOKです)をスマートフォンやカメラ等で撮影してご投稿ください。(クツワ工業製以外の製品に関するエピソードでもかまいません)

    以下のリンクをクリック頂き、必要事項をご記⼊の上、ご応募ください。

    筆箱物語 応募フォーム

    応募資格:筆箱にまつわるエピソードをお持ちの方。生駒市民以外の方もご応募いただけます。

    注意事項:応募は1人につき1投稿までとさせて頂きます。

    募集期間:令和3年12月1日水曜日から令和4年1月31日月曜日まで

    応募方法:応募はこちらをクリック(別ウインドウで開く)してください。
           郵送でも受付しております。郵送の方は以下のPDF又はワードの記入用紙の様式を元にご記入頂き、
           印刷して以下宛先まで郵送ください。
           宛先:630-0288 生駒市東新町8-38
               生駒市役所 商工観光課 商工係 筆箱物語担当

    投稿されたものは、令和4年2⽉23⽇ 祝⽇に⽣駒市北コミュニティーセンターで開催予定の「エコノミック・ガーデニング(EG)いこまシンポジウム」において「筆箱物語」の展示場を設置し、掲示いたします。また、応募いただいた投稿には、来場者から投票をいただき、得票数の多かった投稿に対し、クツワ工業から記念品をお渡しする予定です。
    (注意)公序良俗に著しく反する内容であると判断される場合は、展示会では展示いたしません。

    ~エピソード0 「車に轢かれた筆箱」~

    とある10⽉26⽇に、⼩学⽣のお⼦さんを持つ親御さんから当社の商品センターに次のような問い合わせがありました。

     「5年前に黒い筆箱を購⼊しました。破損してしまったので同じものを探しているのですが、⾒つかりません。筆箱の中の時間割のデザイン等の様⼦から、クツワさん製造の⾊がブラックのBY555という型式のスーパー軽量筆箱によく似ています。破損してしまったものは、おそらくクツワさんのものだと思われます。」とお話しがあり、更に詳しく状況をお聞きすると、「筆箱を誤って道に落とし、⾞に轢かれてしまいました。今は、もう使えない状態です。近所の量販店で買った記憶があります」とお伝え頂きました。その後、筆箱の写真が送られてきました。確認したところ外⾒は⼤きな損傷は無かったのですが、筆箱の中の損傷が⼤きいことが分かりました。

     クツワ⼯業では、10年くらい前の商品でも遡って製法や部材が分かるので、すぐに調べました。親御さんのお話しの通りBY555を基準にした量販店モデルに類似する筆箱であることが分かりました。

    ただ、この問い合わせのあった類似筆箱は現在⽣産されておらず、同じもの作ろうと思っても、すぐには揃わない部材が幾つかありました。何とか同じ物をお渡ししたいと思い、10⽉26⽇に親御さんからの第⼀報を受けてから、親会社であるクツワ株式会社を含めグループ全体で必要部材を探し、部材を集め、潰された筆箱と全く同じものをつくり上げました。
    そして、この親御さんに納品したのが僅か10⽇後の11⽉6⽇です。

    納品後、親御さんから次のような御礼のメールが届きました。

    「11⽉6⽇に筆箱を受け取ることができました。迅速な対応ありがとうございました。」

    「⼦どもは、早速今⽇から学校に持っていきました。同じものが⾒つかってとても嬉しそうです。⼦どもが今後⼤事に使うと⾔っています。」

    お問い合わせ

    生駒市地域活力創生部商工観光課

    電話: 0743-74-1111 内線(商工係:326)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年12月1日]

    ID:27744