ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    集団接種会場におけるワクチンを充填しないままの注射器による接種について

    • [更新日:2021年6月28日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    令和3年6月28日(月曜日)、生駒市の新型コロナウィルスワクチン集団接種会場において、注射器にワクチンを充填しないまま接種を行う事案が発生しました。状況について下記のとおりお知らせします。

    1 事案の概要

    6月28日(月曜日)9時20分ごろ、生駒市北コミュニティセンターISTAはばたきの集団接種会場で、注射器にワクチンを充填しないまま被接種者に注射する事案が発生しました。接種した看護師が、シリンジの違和感に気づき発覚しました。
    福祉健康部の市職員(保健師)が事情を説明してお詫びをするとともに、本人の意向を確認の上、保健師同行の上、12時30分頃自宅に伺い、改めて適切にワクチンを充填した注射器で接種を行いました。  
    なお、微量の空気が体内に入っても健康被害の危険は低いとされており、空の注射器で注射した方の健康に影響はありません。

    2 原因

    希釈したバイアルから注射器に充填する際、二人一組で行うことになっている充填済みの注射器の確認が十分にできていなかったため

    3 見解と防止策

    誤って接種した方に対して深くお詫びするとともに、市民の皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけし、重ねてお詫び申しあげます。今後同様のミスが発生しないよう、注射器への充填時と接種時の段階での目視のチェックを再度徹底し、再発防止に努めます。

    お問い合わせ

    生駒市新型コロナワクチン接種チーム(健康課内) 
    0743-74-1111(内線499) 課長 南口

    [公開日:2021年6月28日]

    ID:26698