ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    令和3年度新型コロナウイルス感染症対応の生駒市の取組 第1弾

    • [更新日:2021年4月12日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    市民の皆さんの暮らしに関すること

    1 内定取り消しや雇止めになった人などを会計年度任用職員として任用

    ・任用期間
     令和3年4月1日~令和4年3月31日(原則)
    ・勤務時間
     9時~17時(原則)
    ・募集人数
     6人程度
    ・問合せ
     人事課(内線241)
    詳しくはこちら

    2 生涯学習施設の使用料を2分の1減免します

    市内団体に限って生涯学習施設の使用料の2分の1を継続して減免し、市民の文化・芸術活動を支援します。

    ・実施期間
     令和3年4月~9月
    ・問合せ
     生涯学習課(内線641)

    3 移動手段がない感染者などの移送を支援します


     コロナ禍で、家族や介護従事者の支援がないと移動手段を確保できない方のPCR検査が必要な場合などに、陰圧調整機能のある福祉車両で移送を支援します。

    ・問合せ
     地域包括ケア推進課(内線461)

    事業者の皆さまへの支援に関すること

    1 職住近接のまちを推進します

     市外在住者に対して、コミュニティビジネスの担い手を募集し、地域ニーズなどをより具体的に学ぶとともに、本市での創業に向けた実践の機会を提供することで地域の未来に必要な人材と仕事をつくります。

    ・問合せ
     商工観光課(内線321)

    2 さきめしいこま+プレミアムキャンペーンを実施します

     新型コロナの長期化で影響を受けている飲食店等をさらに支援する為、プレミアム価格分(支払金額の30パーセント)を上乗せする「さきめしいこま+プレミアムキャンペーン」を実施します。

    ・担当
     商工観光課(内線321)

    3 安全・安心な市内周遊消費の喚起を促進します

     宿泊施設の新型コロナウイルス感染症対策及びコロナ禍の新しい観光スタイルに対応した 運営を促進させ、宿泊施設を起点とした市内消費喚起を通じて事業者を支援します。
    1.新型コロナウイルス対策サポート
     感染症対策の専門家が感染症対策に対応した宿泊事業者を認定し、認定ポスターを交付するとともに、宿泊コンサルタント等の専門家が変化する事業環境に応じた運営に関する助言をします。
    2.宿泊及びクーポンによるキャッシュバック
     市内宿泊施設に宿泊する際、最大3,000円/泊をキャッシュバック。また、宿泊者には市内対象飲食店や小売店等で利用できる3,000円以上で1,000円キャッシュバックされるクーポンを配布します。


    ・問合せ
     商工観光課(内線321)

    4 事業者の事業継続を支援します

    1.経済的に大きな影響を受けている事業者に最大13万円を支給
     令和元年と令和2年の総売上を比較し、20%以上売り上げが減少した事業者に対し10万円を支給します。その内、家賃を支払っている事業者には3万円を追加で支給します。

    2.事業活動を再開する事業者に10万円を補助
     事業活動再開に関する国や県の支援事業を活用し、新たな発展につなげようとする事業者を支援するため、10万円を限度額として事業者負担分を補助します。令和2年度に支援金を受け取っていない事業者が対象です。

    3.専門家が事業継続の相談に応じるサポートデスクを今年9月まで延長

    ・問合せ
     商工観光課(内線321)

    5 コロナ対策に対応した事業に最大50万円を補助します

     コロナ対策に対応した、他事業者へのモデルとなる前向きな投資を行う事業者から事業計画を募集し、経費の2分の1の補助。同時に、参考事例をまとめた事例集を制作します。


    ・補助額
     対象事業費100万円以上…50万円(上限)
     対象事業費100万円未満…30万円(上限)

    ・問合せ
     商工観光課(内線321)

    6 市内公共交通事業者に車両保有台数に応じた助成を実施

     市民生活に必要な活動機会を確保するため、市内の公共交通事業が今後も継続した感染予防対策を実施しながら安定して運行できるよう、各事業者の車両保有台数に応じ、対策に要する費用相当の一部を助成します。

     
    ・対 象
     市内に営業所を有する公共交通事業者
     バス事業者(2万円/台)、タクシー事業者(1万円/台)

    ・問合せ
     事業計画課(内線691)

    子育て・教育に関すること

    1 GIGAスクール構想を推進するモデル事業を検討

     児童生徒一人1台タブレットの活用をはじめ、「個別最適な学び」と「協働的な学び」を展開した令和の学校教育のモデル事業を検討し、モデル校において実証実験を実施します。

    ・問合せ
     教育総務課(内線621)

    2 市立小・中学校に感染症対策のための保健衛生用品等を購入します

     市立小・中学校における感染症対策を実施するために必要となるマスクや消毒液等の保健衛生用品等を購入します。

    ・問合せ
     教育総務課(内線621)

    3 市立幼稚園・保育園に感染症対策のための保健衛生用品等を購入します

     市立幼稚園・保育園における感染症対策を実施するために必要となるマスクや消毒液等の保健衛生用品等を購入します。

    ・問合せ
     こども課(内線771)

    医療・福祉体制に関すること

    1 感染対策を施した高規格救急車を購入します

     車内での感染を最小限に抑えるための隔壁や濃度計付きオゾン発生器を積載した高規格救急車を1台購入します。

    ・問合せ
     消防本部警防課(0743-73-0119、内線450)

    2 介護者がコロナ感染等の場合の、在宅介護の要介護者の受け入れ体制を整備します

     在宅介護をされている家庭において、介護者がコロナに感染していることが判明し、要介護者が濃厚接触者となり、介護をする人が他に誰もいない場合に備えた受け入れ体制を整備します。

    ・問合せ
     介護保険課(内線481)

    3 市内障がい者・児施設に特別給付金を交付します

     感染拡大防止と障害福祉サービス等提供体制の確保・維持のため最前線で対応されている市内の障がい者・児施設に対して特別給付金を交付します。

    ・対 象
     市内の障がい者・児施設
    ・入所系施設
     20万円×13事業所
    ・通所・訪問系サービス等施設
     10万円×49事業所
    ・問合せ
     障がい福祉課(0743-74-1111、内線791)

    4 市内介護事業所に特別給付金を交付します

     感染拡大防止と介護サービス提供体制の確保・維持のため最前線で対応されている市内の介護事業所に対して特別給付金を交付します。

    ・対 象
     市内の介護事業所
    ・入所系施設(50床以上)
     30万円×10事業所
    ・入所系施設(50床未満)
     20万円×10事業所
    ・その他の事業所
     100千円×117事業所
    ・問合せ
     介護保険課(内線481)

    5 市内医療機関に特別給付金を交付します

     感染拡大防止と医療提供体制の確保・維持のため最前線で対応されている市内の医療機関に対して特別給付金を交付します。

    ・対 象
     市内医療機関(病院、医科診療所、歯科診療所、訪問看護ステーション) 173ヶ所
    ・事業費
     4,000万円(医療従事者数で算定)
    ・問合せ
     地域医療課(内線491)

    6 介護保険施設に使い捨てフェイスシールドとガウンを購入します

    ・問合せ
     介護保険課(内線481)

    行政のデジタル化、公共施設の感染拡大防止策に関すること

    1 電子決裁システムを導入します

      「新しい生活様式」に対応した働き方の新しいスタイルを実践するため、ペーパーレスにつながる電子決裁システムを導入し ます。

    ・問合せ
     総務課(内線261)

    2 出先機関に包括的な無線環境を構築します

     職員が勤務する出先機関(31施設32拠点)に、高度なセキュリティ設定のできる無線通信機器などを導入します。現在は、市役所本庁舎と出先機関ではネットワーク環境が異なるため、本庁舎の職員が自らのパソコンを使って他の出先機関等で勤務するのは難しい状況です。包括的な無線通信環境を構築することで緊急時の分散勤務や柔軟な機能配置が可能になるほか、出先機関同士でのテレビ会議など移動・接触機会の低減と密度の高いコミュニケーションとを両立します。

    ・問合せ
     ICTイノベーション推進課(内線370)

    3 公共施設に感染症対策のための物品購入などを実施します

    ◇職員が新型コロナウイルス感染症対策業務に従事する際の感染リスクを下げるために防護服を購入します。
    ◇市役所本庁舎に体温検知カメラと消毒用アルコール自動噴霧器を設置します。
    ◇生涯学習施設(たけまるホール大ホール、北コミュニティセンターはばたきホール、南コミュニティセンターせせらぎホール、コミュニティセンター文化ホール)にオンライン配信・中継等を円滑に行うために必要なカメラや配信用機材を購入します。 
    ◇講師用調理台の上に鏡を設置していない、たけまるホールと南コミュニティセンターの調理室に、講師用調理台の手元を映す書画カメラやディスプレイを購入します。
    ◇生駒セイセイビルの窓を開閉できるよう窓枠サッシを改修し、換気対策を行います。

    お問い合わせ

    生駒市 新型コロナウイルス感染症対策本部

    住所: 〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

    電話: 0743-74-1111(内線255)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    [公開日:2021年4月1日]

    ID:25263