ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    生駒市アマチュア無線非常通信協力会と災害時の協定締結-災害発生時における情報収集と伝達に協力-

    • [更新日:2021年3月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    本市は生駒市アマチュア無線非常通信協力会(略称IAE、会長 杉江久男さん)と協定を締結し、大規模災害が発生し公衆通信網等での通信連絡が困難不可能な場合に、アマチュア無線通信による災害情報の収集・伝達に協力してもらいます。

    無線局を臨時開設

    生駒市の要請でIAEが情報の収集・伝達に協力する際は、生駒市災害対策本部内にアマチュア無線局を臨時開設し、通信します。IAEは派遣局開設に必要な資機材や非常電源を準備して、搬入・設置されます。
    IAE会員の方には対策本部に派遣された会員を通じて情報の収集・伝達を要請します。

    共同訓練を実施

    生駒市とIAEは、令和2年12月27日に災害時における情報の収集・伝達を迅速かつ的確に行うための連携訓練を実施しました。市役所庁舎に仮設アンテナを設置することで、携帯局とも市内ほぼ全域にわたって交信が可能であることを確認でき、市内広範囲に所在しているアマチュア無線局のネットワークの活用が、特に大規模地震災害発災初期の情報収集に効果的であることを検証することができました。
    主な課題としては
    【市側】特に被害が激しい地域の状況や全体の被害規模がつかめない、重要な情報が埋没してしまうといった「情報の洪水で溺れる」状況が発生したため、情報の取捨選択と整理、表示要領の簡素化が必要。
    【IAE側】普段の交信の習慣に即して応答が冗長になり、他局との交信への交代を遅延させる局が見られたため、災害時の交信に必要な短切な通話スタイルへの習熟が必要。
    があげられました。今後IAE内で継続的に実施していくほか、毎年1回程度共同訓練を行う予定です。

    (注)生駒市アマチュア無線非常通信協力会とは
      災害時において、アマチュア無線通信による災害情報の収集・伝達に協力することを目的に、令和2年2月に市内アマチュア無線愛好家有志で結成されました(現在約40局)。各局は、災害時に備えて非常用電源等を準備されています。

    IAE

    お問い合わせ

    生駒市 総務部 防災安全課 危機管理監
    電話: 0743-74-1111 内線(360) ファクス: 0743-74-9100

    [公開日:2021年3月25日]

    ID:25146