ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    新型コロナウイルス感染症の影響等により納税が困難な方に対する市税における猶予制度

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    市税の納付相談について~まずは電話でご相談を~

    市税の納付は、原則納期内納付ですが、市税を納期限までに納付することが困難な場合は、猶予制度等もありますので、まずは、電話でご相談ください。

    なお、徴収の猶予や換価の猶予における電子申請(eLTAX)については、

    eLTAXのホームページhttps://www.eltax.lta.go.jp/news/03047(別ウインドウで開く)をご覧ください。


    ★制度の概要は下記リーフレットをご覧下さい。

    市税における猶予制度 <徴収の猶予と申請による換価の猶予>

    提出する書類

    徴収猶予の場合

    (1)「徴収猶予申請書」
    (2)猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合 「財産収支状況書」
    猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合 「財産目録」及び「収支の明細書」
    (注意)どちらの場合も資産、負債、収支状況、納付計画などを記載してください。
    (3)担保の提供に関する書類
    (4)その他、猶予該当事実を証する書類 
       罹災証明書、医療費の領収書、廃業届、決算書など

    換価の猶予の場合

    (1)「換価の猶予申請書」
    (2)猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合 「財産収支状況書」
    猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合 「財産目録」及び「収支の明細書」
    (注意)どちらの場合も資産、負債、収支状況、納付計画などを記載してください。
    (3)担保の提供に関する書類
    (4)その他、猶予該当事実を証する書類 
       決算書など


    (注意)場合によって、申請書の添付書類を省略できることがあります。その場合は、職員により聞き取りさせていただくことがあります。

    徴収猶予の特例制度(受付は終了しました。)

     新型コロナウイルスの影響で納期限までのご納付又はご納入が困難な方に対し、一定の条件のもと、個人、個人事業主、法人を対象とし、令和2年2月1日から令和3年2月1日までの納期限の税を対象に納税の猶予(最長1年)を受けることができます。

     (注意)申請期限は原則納期限までとなりますが、新型コロナウイルスの影響により、やむを得ず申請が遅れる場合はご連絡ください。 

     また、新型コロナウイルスの影響等により徴収猶予の特例を受けられた方は、猶予の期限にご注意ください。(詳しくは下のリーフレットをご覧ください。)


    お問い合わせ

    生駒市市民部収税課

    電話: 0743-74-1111 内線(庶務係:293 徴収係:294 )

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年2月12日]

    ID:21805