ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    応急手当講習のご案内

    • [更新日:2022年1月20日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況から、令和4年1月20日(木曜日)をもって、すべての応急手当講習を一旦中止します。先にご予約を頂いていた皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解をお願いします。

    なお、感染拡大が収束し、応急手当講習の再開時期が決まりましたら、ホームページやツイッターでご案内いたします。

    生駒市消防本部の応急手当講習は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を鑑みて、消防本部及び消防署北分署内で「一般市民向け応急手当WEB講習を利用した実技救命講習」のみ実施していましたが、令和3年12月1日から感染防止対策を行ったうえで、下記の応急手当講習を再開しています。

    応急手当講習は、心肺蘇生やAEDの使い方、けがの手当などを習得していただく講習です。大切な人や家族の命を守るために是非受講してください。

    生駒市消防本部で実施している応急手当講習

    応急手当講習の種類
    No講習名

    対象者

    時間 内容 

    1

    普通救命

    講習 1

    中学生

    以上

     3 時間  「成人心肺蘇生法」、「AEDの使い方」、「異物除去・止血法」
    2

    普通救命

    講習 2

    中学生

    以上

     4 時間

     No1 講習の内容に「筆記・実技試験」が加わったもの

    3

    普通救命

    講習 3

    中学生

    以上

     3 時間 No1 講習の内容を「小児、乳児、新生児」としたもの
    4

    上級救命

    講習

    中学生

    以上

     8 時間

     No2、No3 講習の内容に「その他の応急処置」が加わったもの

    5

    救命入門コース

    【90分】

    概ね10歳

    以上

    1 時間30分 「成人心肺蘇生法」、「AEDの使い方」
    6

    救命入門コース

    【45分】

    概ね10歳

    以上

     45 分

     「成人心肺蘇生法(胸骨圧迫を主に実習)」、「AEDの使い方」

    7

    応急手当

    web講習

    中学生

    以上

    約 1 時間 インターネットでの自己学習 【修了テストがあります】
    8

    実技救命講習

    中学生

    以上

     2 時間 

     No5、No6 の講習は概ね12 か月以内、No7 の講習は概ね1 か月以内に、この「実技救命講習」を修了すれば「普通救命講習」の修了資格が得られます。

    9

     応急手当

    普及員

    講習

    就労者

     8 時間

    × 3 日間 

     自身の職場内で、「普通救命講習」を指導する資格を取得できます。

    (注意)「東京法令出版 応急手当普及員講習テキスト」の事前購入が必要

    (注意)令和3年度の開催は予定しておりません。

    10

     応急手当

    普及員

    再講習

    普及員

    資格者

     3 時間

     No9 の資格を維持するためは、3 年以内に再講習が必要です。

    (注意)令和3年度の開催は予定しておりません。


    「心肺蘇生法」や「AEDの使い方」、「異物除去・止血法」などを学べる講習で費用は無料です。

    対象者は、生駒市内に居住している方、勤務している方、在学している方を優先して実施します。

    主として中学生以上の方を対象とし、講習を修了した方には参加証、修了証が交付されます。

    新型コロナウイルス感染症の感染防止対策

    新型コロナウイルス感染症の感染防止対策をとりながら各種講習を実施しています。このため受講者同士が密にならないよう開催場所については、以下の制限を設けています。
    受講をご希望の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

    新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に係る受講人数制限
    開催場所制限等対象講習の種類
    生駒市消防本部本署10人以内を目安としています。個人・団体実技救命講習
    生駒市消防本部北分署6人以内を目安としています。個人・団体実技救命講習
    受講者側で準備100平方メートルあたり約10人を目安としています。団体(概ね5人以上)上記1から8までの講習

    受講者の皆さまへのお願い

    ・受講される方は必ずマスクを着用してください。(受講者ご自身でご準備ください。本市消防本部からの提供は行いません。)
    ・開催会場への入室前に検温と手指消毒をお願いします。(当日体温が37度5分以上の方は受講をご遠慮いただきます。)
    ・開催日の2週間以内に発熱、風邪の症状や味覚・嗅覚異常等がある方は受講をご遠慮いただく場合があります。
    ・会場を設ける場合は、常時換気を行ってください。
    ・現在は感染防止のため、人工呼吸の実習は行っていません。(説明のみ)
    ・感染者が発生した場合に備え、参加者を特定できるように連絡先をお聞きしています。

    【申込み方法】

    申込みは、消防本部警防課救急係 0743-73-0119 (代表)( 平日・午前9時から午後5時頃まで ) にお問合せいただき、日程と会場の調整をお願いします。



    応急手当講習申込書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    応急手当の重要性

    もしも、あなたの目の前で大切な人が突然倒れたとき、あなたは何ができますか

    いち早く119 通報し、救急車が到着するまでの間に、適切な処置が行われたら、救える命がもっとあるはず。

    ◇ あなたの勇気と協力が必要です。

    令和元年中の救急車到着時間の全国平均は約8.7分、生駒市平均は約7.5分です。

    想像してみてください。

    もしも、あなたが水中に潜っていたとして、8分もの間、息を止めていられますか・・

    8分間も脳血流が途絶えた状態だと、救命のチャンスは限りなく低くなり、数パーセントしかありません。

    だからこそ、救急車到着までの数分間、あなたの力で「命 の バトン」をつないで欲しいのです。

    ◇ 救急車到着までの数分間、あなたの力で「命のバトン」をつないで欲しい

    令和元年中全国統計では、「心疾患を原因とする心肺停止」で「住民により目撃され、応急手当が行われた」場合、12.3パーセントの人が社会復帰しています。また、AEDという心臓に電気ショックを与える機械を装着して、作動した場合だと社会復帰率46.0パーセントにまで上がっています。

    「早い通報」、「早い心肺蘇生法」、「早いAED」が重要です。

    あなたの大切な人のためにも、応急手当を身につけておきましょう。

    AEDとは、「自動体外式除細動器」の略称で、電源を入れてパットを装着すると、機械が心電図を自動で判別し、心臓のけいれん状態を感知すると電気ショックを与えて、けいれんを止める機械です。AEDによるショックが 1 分遅れるごとに社会復帰の可能性は約 10 パーセント低下するとされており、5 分以内に装着することを目標としています。


    ◇普通救命講習 1

     『成人 を対象とした 心肺蘇生法』 

    • 所要時間は3時間です。
    • 受講することにより、「普通救命講習 1」の修了証が交付されます。

     

    また、次の方であれば、「実技救命講習」の受講により「普通救命講習 1」修了証が交付されます。

    1. 「救命入門コース」を受講し参加証をお持ちで 12 か月を過ぎていない方
    2. 「応急手当web講習」の受講証明書をお持ちで 1 か月を過ぎていない方

    (注意) 受講証明書画面の印刷または、画面提示にて確認がとれる方に限ります。  


    ◇普通救命講習 2

     『成人 を対象とした 心肺蘇生法(筆記および実技試験あり)』

    • 所要時間は4時間です。
    • 受講することにより、「普通救命講習 2」の修了証が交付されます。

    (注意) 一定の頻度で心停止者に対し、応急の対応をすることが期待・想定される方が対象です。

         例) 特別養護老人ホーム ・ 老人保健施設の職員等


    ◇普通救命講習 3 

     『小児・乳児・新生児 を対象とした 心肺蘇生法』

    • 所要時間は3時間です。
    • 受講することにより、「普通救命講習 3」の修了証が交付されます。

    (注意) まずは、心肺蘇生法の基礎となる「普通救命講習 1 」の受講をおすすめしています。 


    ◇上級救命講習

     『成人、小児、乳児、新生児 を対象とした 心肺蘇生法 (筆記および実技試験あり)』  

    • 所要時間は8時間です。
    • 受講することにより、「上級救命講習」の修了証が交付されます。
    • 普通救命講習の内容に、骨折・やけど・熱中症等の処置、体位管理、けが人の搬送法 などが加わります。


    ◇救命入門コース【90分】

     『成人 を対象とした 心肺蘇生法』

    • 所要時間は 1 時間 30分です。
    • 受講することにより、「救命入門コース」の参加証が交付されます。
    • 普通救命講習の受講希望はあるが、時間が取れない方のために「胸骨圧迫」と「AEDの使い方」を中心に学びます。
    • 小学校高学年の方(概ね10歳以上)から受講できます。
    •  受講後 1 年以内「実技救命講習」を受講することにより「普通救命講習 1」の修了証が交付されます。


    ◇救命入門コース【45分】

     『成人 を対象とした 心肺蘇生法』

    • 所要時間は 45 分です。
    • 受講することにより、「救命入門コース」の参加証が交付されます。
    • 普通救命講習の受講希望はあるが、時間が取れない方のために「胸骨圧迫」と「AEDの使い方」を中心に学びます。
    • 小学校高学年の方(概ね10歳以上)から受講できます。
    • 受講後 1 年以内「実技救命講習」を受講することにより「普通救命講習 1」の修了証が交付されます。

     (注意) 「救命入門コース【90分】」と講習内容は同じです。

          受講者数に対して、実技訓練資機材の数が充実して使用できる場合のみ開催可能です。

     

    ◇応急手当web講習 (e-ラーニング講習)

     『web講習 (e-ラーニング) 』とは、あらかじめ個人がweb上で学習しておき、消防署で実技を主に実習することで、普通救命講習の時間を短縮させることが可能となる教育方法です。パソコン・スマートホンなどを使用し、お好きな時間に個人の理解度に合わせて進められます。

    • 「応急手当web講習」を受講し、修了テストを合格された方には『受講証明書』が画面表示されます。
    • 受講証明書画面の印刷 または、画面保存してください。
    • 1 ヶ月以内に 消防署で行う「実技救命講習」を受講すれば、「普通救命講習 」の修了証が交付されます。

      《 実 施 方 法 》

    1. まずは、生駒市消防本部警防課救急係(代表0743-73-0119)にご連絡いただき、「実技救命講習」の申込みをしてください。
    2. 次に受講日の 1 か月前から当日までにインターネット環境のあるパソコン等にて「応急手当web講習」を受講してください。
    3. 各単元が終了し、修了テストに合格したら「受講証明書」を印刷するか、画面提示できるように準備してください。
    4. 受講当日、職員に印刷した「受講証明書」または、スマートホン等の画面で「ID」と「認定年月日」を提示してください。



    応急手当web講習

    総務省消防庁 応急手当web講習

    スマートホンでも学習できます。

    ◇実技救命講習 

    『主に成人を対象とした心肺蘇生法の実技』 

    • 所要時間は 約2時間です。
    • 以下 1. 2. に該当する方は、受講により「普通救命講習 1」修了証が交付されます。
    1. 「救命入門コース」を受講し参加証をお持ちの方で 12 か月を過ぎていない方
    2. 「応急手当web講習」の受講証明書をお持ちの方で 1 か月を過ぎていない方


    ◇応急手当普及員講習 

     『自身の職場内で、普通救命講習を指導する資格を取得できます。(筆記および実技試験あり)』

    • 所要時間は 8 時間 × 3 日間 です。
    • 受講することにより、「応急手当普及員」の認定証が交付されます。
    • 「応急手当普及員」の資格有効期限は 3 年です。
    • 3 年以内に「再講習( 3 時間)」を受ければ、さらに 3 年間有効となります。
    • 他の地域で資格取得された方も、同等の資格としてみなされます。

    (注意)

    1. 生駒市内の「自主防災組織」、「福祉事業所」、「学校」、「スポーツクラブ」、「不特定多数の住民の出入りする事業所」「AED設置事業所」 などで自身の職場・組織内で指導できる方 が対象です。
    2. 教員職の方は、人に教育することに長けていることから、実習資機材の数が十分であり、講習の質が確保できれば「応急手当普及員講習」を短縮しての実施も可能です。
    3. 講習は無料ですが、テキストを 事前購入 して 当日持参 してください。
    • 指定図書 : 「東京法令出版 応急手当普及員講習テキスト」


    ◇応急手当普及員【再講習】

     『 応急手当普及員 の資格を更に 3 年間有効 とできます。』

    • 所要時間は 3時間です。
    • 普及員としての技能を保つため、復習 と 最新知識 を学びます。
    • 受講することにより、「応急手当普及員」の資格を 3 年延長できます。

    (注意) 「応急手当普及員」 認定資格者 を対象とした講習です。

     

    お問い合わせ

    生駒市消防本部
    警防課救急係
    電話番号:0743-73-0119
    ファックス:0743-73-0111

    [公開日:2021年12月1日]

    ID:18558