ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    尾山 沙希さん(2018年4月15日号掲載)

    • [更新日:2021年3月3日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    ボールを追い続けた20年。チームの躍進を支えた司令塔

    尾山 沙希(おやまさき)
    女子サッカーリーグ「なでしこリ―グ1部」のノジマステラ神奈川相模原で創部から6年間キャプテンを務めた。引退試合となった第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で準優勝。通算143試合出場、28得点。吉備国際大学在学中、第20回全日本大学女子サッカー選手権大会で3位。生駒北小・中学校卒業。28歳。本市在住。

    なでしこリーグに所属する女子サッカークラブで活躍

    女子サッカークラブ「ノジマステラ神奈川相模原」でキャプテンとして6年間活躍した。ポジションは攻守の要であり試合を組み立てる「ボランチ」。攻撃・守備の両面から試合の動向を見極めるチームの司令塔だ。


     なでしこリーグ2部に所属していた2年前には、年間で最も活躍した選手に贈られる「最優秀選手賞」を受賞。チームメイトへの的確な指示や豊富な運動量でチームを勝利へと導いた。


     「決してサッカーが上手いわけではありません。でも、プレー中に声を出したり、全力で走りきったりと、誰にでもできることを誰よりも続けてきました」

    小学生に始めたサッカー。大学では全国大会3位に輝く

    小学2年生の頃、サッカークラブに通う兄の影響でサッカーを始めた。兄と同じチームに入り、男の子に交じって毎日のようにボールを追いかけた。


     中学・高校は、県内の学校に通い、放課後は高槻市の女子サッカークラブ「FCヴィトーリア」に所属。高いレベルを求めて近畿圏内から選手が集まる同クラブに、片道2時間かけて6年間通った。高校1年生では、レギュラーとして全国大会に出場し、3位まで登りつめた。


     岡山県の吉備国際大学に進学し、60人以上が所属する女子サッカー部に入部。4年生でキャプテンを務め全国大会3位に輝いた。


     「メンバーのモチベーションを上げるため、愚痴を聞いたりたわいもないことを話したり、コミュニケーションを大事にしました」

    2017年に引退。看護師を目指す

    大学卒業後、なでしこリーグを目指し新しく結成されたクラブ「ノジマステラ神奈川相模原」に入団。同リーグより5つ下の「神奈川県3部リーグ」から出発した。


     「平日は家電量販店で働いてから練習。試合に向けて毎日体力と精神を整えるのが大変でした」


     5年でなでしこリーグ1部に昇格。司令塔として、チームの快進撃を支えた。


     昨年12 月に引退。気持ちと体力のコンディション作りが難しくなったためだ。現在は市内の看護専門学校に通う。


     「次の夢は母と同じ看護師になること。サッカーで培ったコミュニケーション力を生かして、立派な看護師を目指します」


    お問い合わせ

    生駒市市長公室広報広聴課

    電話: 0743-74-1111 内線(広報広聴係:222、プロモーション係:225)

    ファクス: 0743-74-1105

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年2月18日]

    ID:16136