ページの先頭です

「シビックパワーバトル大坂夏の陣」 生駒市チームがプロフェッショナル審査員賞(最優秀賞)を受賞!

[2018年9月10日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「シビックパワーバトル大坂夏の陣」 生駒市チームがプロフェッショナル審査員賞(最優秀賞)を受賞!

大阪夏の陣

8月25日(土曜日)にグランフロント大阪で開催された「シビックパワーバトル大坂夏の陣」において、生駒市チームは最優秀賞である「プロフェッショナル審査員賞」を受賞しました。

生駒市チームは、市内で活躍するデザイナー、イラストレーター、開脚インストラクター、地域食堂の主宰者や学校教員など、個性豊かな10人で構成。
この他にも魅力を洗い出すワークショップやオープンデータ活用講座の開催等、多くの人と生駒の良さを深堀りしました。
当日は単に人口やアクセス、観光資源の紹介にとどまらず、客観的なデータをもとに「生駒流の暮らし方」をアピールした点が高く評価されました。

なお、当日までの生駒市チームの取組は、9月5日(水曜日)にNHK「ならナビ(午後6時30分~午後7時)」、9月10日(月曜日)のNHK「おはよう関西(午前7時45分~午前8時)」で放映されました。

また、決戦の様子は、シビックパワーバトル大坂夏の陣公式HPからご覧いただけます。
シビックパワーバトル大坂夏の陣公式ホームページ:https://osakanatsunojin.org/

プレゼンテーションの様子

大阪夏の陣

共通テーマ「暮らす」のプレゼンテーション。(発表者:古島 尚弥さん)。
「楽しみを自分たちでつくる」「市民がつながることで、アイディアが生まれる」など、生駒市の「暮らし方」の魅力をアピール。古島 尚弥さんの聞きやすく、時間ぴったりのプレゼンテーションに会場から熱い拍手が。


大阪夏の陣

「かがやく」をテーマにしたプレゼンテーション(発表者:佐村 佐栄子さん、溝口 雅代さん、中村 奈津子さん、高橋 純子さん)。
子育て世代に選ばれる生駒市の魅力を華麗な演技でアピール。「プロの劇団員の方ですか?」と質問されるほどの熱演で、会場のボルテージは最高潮に。


発表までの軌跡

5月17日 生駒の魅力出し会

大阪夏の陣
大阪夏の陣

制作:吉田 友子さん
打ち合わせは、毎回イラストと文字をまじえたグラフィックレコードで記録。プレゼンの内容やデータ探索の際のヒントがこの中にたくさんあります。



5月22日 生駒の魅力出し会議(第2回)

大阪夏の陣
大阪夏の陣

制作:吉田 友子さん
2班に分かれて魅力を出し合い、生駒は「日本のニューヨーク」であり、「幕の内弁当」であるという結論にいたりました。この日も2班とも寸劇で発表。


オープンデザイン講座を開催(6月2日、23日)

シビックパワーバトル大坂夏の陣のプレイベントとして、また、生駒市が進めるオープンデータ周知・活用促進の一環とした講座を6月2日(土曜日)、23日(土曜日)の2日間に渡り開催。
データの活用と見やすいデザインで、プレゼン資料の説得力を増し、伝わりやすくするノウハウをプロのグラフィックデザイナーから教わりました。


プレゼン資料を強くする!「オープンデータデザイン講座」概要

日時:6月2日(土曜日)、23日(土曜日) 各13時~16時
場所:生駒市テレワーク&インキュベーションセンター イコマド
講師:平本 久美子(グラフィックデザイナー。『やってはいけないデザイン』著者)

大阪夏の陣

講師の平本 久美子さんは、この後生駒市チームの総監督に就任。



大阪夏の陣
大阪夏の陣

グラレコの制作者・吉田 友子さん



大阪夏の陣

制作:吉田 友子さん


プレゼンテーション方針打ち合わせ

生駒市チームは、生駒の魅力出し会議(5月17日、22日)、オープンデータデザイン講座(6月2日、23日)で出たまちの魅力やデータをどのようにアピールしていくか、何度も打ち合わせを行いました。

大阪夏の陣

7月上旬
使用できそうなデータの整理や、プレゼンテーションの「物語」の案を出し合いました。


大阪夏の陣

7月中旬
発表テーマである「暮らす」「かがやく」それぞれのストーリー作りを行いました。


大阪夏の陣

生駒市の「暮らし」「かがやき」の特色等を出し合い、どのようなアピールができるのかを突き詰めていきます。
あらかじめ準備していたフォーマットにアピールする魅力が埋まっていきます。


大阪夏の陣

自由選択テーマ「かがやく」の発表形式を話し合い中。
ここで「夏休みの宿題を発表する」という設定が誕生。


大阪夏の陣

7月下旬
前回までの打ち合わせを軸に、発表の中身などを創り上げていきます。プレゼンテーションの輪郭がどんどん見えてきました。


大阪夏の陣

7月の最終打ち合わせのグラフィックレコード
制作:吉田 友子さん


大阪夏の陣

8月上旬
台本読み合わせの場面。
大会開催まで、あと少し。


大阪夏の陣

8月中旬 リハーサル練習1回目。
課題テーマ「暮らす」のリハーサル風景。
生駒への愛に溢れる内容に感動し、泣き出すメンバーも。


大阪夏の陣

自由テーマ「かがやく」の練習を終え、課題等を出します。
課題をクリアするための意見が活発にやりとりされます。


前日リハーサル

大阪夏の陣

8月25日の発表へ向けた最終練習を8月24日(金曜日)に生駒市テレワーク&インキュベーションセンター イコマドで実施しました。


大阪夏の陣

8月24日 大会前日リハーサル(生駒市 テレワーク&インキュベーションセンター イコマド内)の様子。
テレビ局の取材も入りました。


大阪夏の陣

取材を受ける生駒市チームのリーダー(隊長)中垣 由梨さん


大阪夏の陣

取材を受ける古島 尚弥さん


大阪夏の陣

自由選択テーマ「かがやく」で発表する女優陣。
(左から)高橋 純子さん、佐村 佐栄子さん、溝口 雅代さん、中村 奈津子さん


大阪夏の陣

生駒市チームは最後まで、よりよい発表を創り上げようと活発な意見が出されました。
課題の解決策を提案する小林 牧子さん


いざ、発表へ!

大阪夏の陣

決戦の地「グランフロント大阪」。


大阪夏の陣

作戦会議を行う生駒市チーム


大阪夏の陣

他チームへの質問を行う佐村 佐栄子さん
単にデータの揚げ足とりにならない、建設的な質問を投げかけています。


大阪夏の陣

リーダーの中垣 由梨さん(左)と総監督の平本 久美子さん(右)


大阪夏の陣

プロフェッショナル審査員賞受賞
歓喜に湧く生駒市チーム
賞状を受け取る生駒市チーム総監督・平本 久美子さん(右)、景品を受け取るチームリーダーで隊長の中垣 由梨さん(中央)


大阪夏の陣

プロフェッショナル審査員賞 最優秀賞受賞!


特設パブリックビューイング会場

生駒市では、シビックパワーバトル大坂夏の陣を市内でも応援できるように、打ち合わせやリハーサルでも何度も使用した生駒市テレワーク&インキュベーションセンター イコマドに特設のパブリックビューイング会場を開設。生駒市内から会場に熱い応援を届けてくれました。

大阪夏の陣

生駒市がプロフェッショナル審査員賞に決定した瞬間。
特設会場での盛り上がりも伝わります。


集合写真

大阪夏の陣
当日は、会場定員いっぱいの約120名が参加。
参加されたそれぞれのまちへの「愛」は本物でした。


WEB市長日記(平成30年8月30日付「「シビックパワーバトル 大坂夏の陣」で生駒市チームが最優秀賞!」)

CNETjapanによる大会レポート(別ウインドウで開く)(「オープンデータで“地元愛”を競う抱腹絶倒のプレゼンバトル--「シビックパワーバトル 大坂夏の陣」)

「シビックパワーバトル大坂夏の陣」について

大阪夏の陣

「シビックパワーバトル」は市民や団体、行政が一つのチームになり、オープンデータを活用してまちの魅力を伝えるプレゼンバトルです。

参戦都市は、尼崎市、京都市左京区、神戸市、枚方市、生駒市の5都市。

それぞれの都市がまちの魅力を市民と一緒に掘り下げ、データで立証しながら、プレゼン内容や構成を練り上げていきます。

プレゼンテーマは2本立て

それぞれのまちの魅力を掘り下げるプレゼンテーマは全チーム一律の「共通テーマ」と「自由選択式テーマ」の2本立てです。

共通テーマ:暮らす

自由選択式テーマ:「かがやく、つながる、おもろい」から一つ選択

どのテーマも解釈やアプローチの仕方はさまざまです。各チームがテーマをどのように解釈し、どのようなデータに基づいてまちの魅力を立証していくのか、注目です。

ご声援ください!

シビックパワーバトルへのかかわり方は、魅力の発掘、資料の作成、当日会場での発表や応援など、多岐にわたります。

実際に生駒市チームでは、5月中旬に市民の方が集まり、シビックパワーバトル大坂夏の陣に向けて、生駒の魅力の発掘会とプレゼンの方針の決定会を行っています。

生駒に魅力を感じ、愛着を持つことができれば、生駒チームの仲間です。

開催当日にもさまざまな応援の仕方を用意する予定です。

ぜひ、ご声援ください!

「シビックパワーバトル大坂夏の陣」大会実施概要

開催日時

平成30年8月25日(土曜日) 13時~17時

会場

Yahoo!JAPAN大阪グランフロントオフィス

(大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪タワーA37階)

主催

シビックパワーバトル大坂夏の陣実行委員会

共催

ヤフー株式会社

協力

シビックパワーアライアンス実行委員会

大会ホームページ等

お問い合わせ

生駒市地域活力創生部いこまの魅力創造課

電話: 0743-74-1111 内線(魅力創造係:733)

ファクス: 0743-74-9100

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

〒630-0288 奈良県生駒市東新町8番38号

市役所までの地図・アクセス

代表電話:0743-74-1111 ファクス:0743-74-9100

業務時間 8時30分~17時15分【閉庁日 土・日・祝・年末年始】

法人番号 1000020292095

Copyright (C) Ikoma City All Rights Reserved.