ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    感染性胃腸炎を予防しましょう

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    感染性胃腸炎に気をつけましょう

    感染性胃腸炎とは?

    主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。
    原因となるウイルスには、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「アデノウイルス」などがあり、主な症状は腹痛・下痢・おう吐・発熱です。「ロタウイルス」「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。

    主な感染経路は経口(口から体内に入ること)感染です。
    感染原因としては(1)汚染された貝類や飲料水を食べたり飲んだり、(2)感染したヒトのふん便や吐物により汚染された場合です。
    これまでもノロウイルスによる胃腸炎は毎年12月から3月をピークにして全国に流行しています。

    感染すると・・・

    体内にウイルスが入ってから1~2日後に吐き気、おう吐、腹痛、下痢、発熱などの症状がでます。風邪に似た症状で始まることもあります。通常は1~3日で回復する場合が多いのですが、ひどいおう吐、下痢が続いた場合は脱水症状になることがあります。早めに医師の診察を受けましょう。

    どうやって予防するの?

    1. 最も大切なのは手を洗うことです。特に排便後、また調理や食事の前には石鹸と流水で十分に手を洗いましょう。
    2. カキなどの二枚貝を調理するときには、中心部まで十分に加熱しましょう。

    手を洗う時は、腕から指先まで30秒以上、石けんでていねいにこすり洗いしましょう!
    特にふん便や吐物の処理には、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用するなどの細心の注意を払いましょう。

    ノロウイルスの感染力を失わせるには、加熱(85度、1分以上)や次亜塩素酸ナトリウムが有効です。逆性せっけん、消毒用アルコールはあまり効果がありません。
    次亜塩素酸ナトリウムは市販の「家庭用塩素系漂白剤」にも含まれています。(原液の濃度は5~6%が一般的です。50~250倍に薄めて使います。)

    便やおう吐物の処理方法は?

    用意するもの

    • 使い捨て手袋、マスク、エプロン
    • 使い捨てタオル、新聞紙、ペーパータオルなど
    • 約1000ppmに薄めた塩素系消毒薬(5%濃度なら50倍)
    • ビニール袋などの密封できる袋2枚

    処理方法

    1. ビニール袋などの廃棄用袋は、口をあらかじめ広げておきます。
    2. 腕時計、指輪などをはずし、手袋・マスクをつけます。
    3. 便やおう吐物を新聞紙や使い捨てタオルで覆い、その上から塩素系消毒液薬をかけた後、静かにふき取り、すぐに広げておいたビニール袋に入れます。
    4. 塩素系消毒薬を浸したペーパータオルなどで、便やおう吐物が付着した床や壁を浸すように拭き取り、すぐにビニール袋に入れ、袋の口をしっかり縛ります。
    5. 口を縛ったビニール袋をさらにビニール袋に入れた後、裏返しながら脱いだ手袋も入れ、内側を触らないように口を縛って捨てます。
    6. 最後に手を洗います。

    (注意)ノロウイルスは乾燥すると部屋中に浮遊し、口に入って感染することがあるので、処理はできるだけ早くしましょう。

    詳しくは、厚生労働省ホームページ「ノロウイルスに関するQ&A」をご覧ください。


    厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A(別ウインドウで開く)

    お問い合わせ

    生駒市福祉健康部健康課

    電話: 0743-75-2255

    ファクス: 0743-75-1031

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2020年3月27日]

    ID:11551