ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    生きいきクーポン券よくある質問

    • [更新日:2017年9月6日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

     70歳以上の高齢者や障がい者に交付してきた交通費助成制度「生きいきカード」。さまざまなご意見等を反映し、今年度から「生きいきクーポン券」として皆さんに交付し、8月から使用できるようになりました。
     制度が大きく変わり、戸惑われた方もおられると思いますので、これまでによくいただいた質問にお答えします。


    質問1 スルッとKANSAIカードの購入にクーポン券が使えないのはなぜ?
      近鉄の駅で取り扱っていた「スルッとKANSAIカード」は平成29年3月31日をもって発売を終了したため、クーポン券で購入できません。


    質問2 クーポン券で購入できる鉄道の回数券の買い方が分からない。
      クーポン券で購入できる鉄道の回数券は下表の3種類で、普通乗車券より乗車1~4回分お得です。駅間ではなく、希望区間の運賃額の回数券カードを購入時にクーポン券が使えます。

    ▶購入場所 生駒駅・東生駒駅窓口(回数券購入のための最寄駅などからの交通費は自己負担です)
    ▶注意 回数券の使用期限は購入日から「3か月」です。

    生きいきクーポン券が使用できる回数券
    回数券
    利用できる日時利用回数

    普通回数券カード

    「パールカード11」

    利用の曜日・時間帯に制限はありません10回分の金額で11回分

    時差回数券カード

    「オフピークチケット」

    月曜~金曜日の10:00~16:00と土曜・日曜日、祝日などに利用可能10回分の金額で12回分

    土・休日割引回数券カード

    「サンキューチケット」

    土曜・日曜日、祝日などに利用可能10回分の金額で14回分

     ◆回数券カードは自動改札機に直接投入して利用できます。
     <回数券カードの利用例>
     2,600円分のパールカード11(260円×11回分)を購入し、同カード1回分(260円)
    で、下の3例を乗車した場合(クーポン券500円×5枚と、現金100円で購入)
     ◇ 生駒駅~大和西大寺駅(運賃260円)…差額なしで乗車・下車可能です。
     ◇ 生駒駅~近鉄奈良駅(運賃300円)…差額の40円を奈良駅で精算して下車可能です。
     ◇ 生駒駅~東生駒駅(運賃150円)…乗車・下車できますが差額のおつりは出ません。


    質問3 ICOCAカードにクーポン券を使えるようにしてほしい
      電子マネー機能がある交通系ICカード「ICOCAカード」は、店舗や自動販売機などで通常の買い物・飲食にも利用できます。そのため、「高齢者や障がい者の生きがいづくりや社会参加の促進」というクーポン券(交通費等助成制度)の趣旨に合致しないため、クーポン券は使用できません。


     このほか、「自分は健康なのに、介護用品を押し付けられているようで失礼だ」などといったご意見もいただいています。これは、これまでの生きいきカードは、寝たきりの方などが使えないといった課題がありました。そうした点を見直し、ご自身のために介護用品も選んでもらえるようにしたものです。今回、クーポン券にすることにより、重度の要介護度の方(例えば、平成29年3月現在で70歳以上の要介護度4・5の方が市内に約1,000人おられます)から健康な方まで、状態に応じて使ってもらえるようになりました。
     また、「健康なので、使えるものがない」といった方にも、例えば、公共施設でのコンサートやイベント(使用できるものとできないものがありますので、各施設にお問合せください)、生駒駅前市営駐車場の回数券の購入などにもクーポン券が使えますので、ぜひ有効にご活用ください。


     なお、クーポン券は500円単位未満では使用できません。使用可能施設など詳しくはクーポン券に同封した「ご使用ガイド」をご覧ください。
     お問合せは「生きいきクーポン券コールセンター」(電話番号:0120-200-224)をご利用ください。

    [公開日:2017年9月5日]

    ID:11001