ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    第32回国際アルツハイマー病協会国際会議に参加しました

    • [更新日:2021年2月24日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    国際アルツハイマー病協会国際会議(ADI会議)は、アルツハイマー病と認知症に関する世界で最も重要で大きな会議です。今回で32回目を迎える本会議は日本での開催が13年ぶりとなり、平成29年4月26日から29日に、国立京都国際会館で開催され、約70ヵ国4,000人ほどが参加しました。

    本市は、4月27日(木曜日)に、独立行政法人 やまと精神医療センターと共に、「生駒市と医療機関の間で行われた認知症政策についての協働」として、認知症初期集中支援チーム(通称:オレンジチーム)など、認知症施策について先進的に取り組んでいる内容について、ポスタープレゼンテーションを行い、たくさんの方々にPRさせていただきました。

    市民、事業者、行政など多くの参加があった「RUN伴ゴールイベント」の協働の取組、ALSOKと協定を締結して実施しる「見守りタグ事業」、今回の国際会議でも講演された国際アルツハイマー病協会事務局長のMarc Wotmann氏も参加いただいた「生駒市認知症フォーラム」の開催など、本市の先進的な取組に興味を持っていただき、称賛いただきました。

    より多くの方々に本市の取組を知っていただくとともに、他の取組事例を聞き、認知症の理解をより深める良い機会となりました。

    本市では、今後とも認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、さらなる取組を進めてまいります。


    国際アルツハイマー病協会国際会議ホームページ

    http://www.adi2017.org/ja




    ポスタープレゼンテーション

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    [公開日:2017年5月2日]

    ID:9767