ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    「花とみどりの楽校(気づき編)」第5回のページ

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    花づくり はじめの い~っぽ!

    • 日時
       平成28年1月23日(土曜日)
    • 場所
       花のまちづくりセンターふろーらむ

    花とみどりの楽校(気づき編)の第5回は、花づくり はじめの い~っぽ!です。グリーンプラザ山長の長底章夫先生を講師に招き、植物のはなし(講義)と、苗づくりから鉢上げまでの実習を行いました。

    植物のはなし(講義)

    長底先生は色んな所で花づくりを教えられていますが、今回、初めて小学生とその保護者にお話しされます。この日のために小学校の教科書(せいかつと理科)を全部読んで、講義に臨まれました。

    長底先生の写真

    グリーンプラザ山長の
    長底章夫先生です。

    講義を聴いている様子

    まずは植物の基礎知識から、講義が
    始まりました。皆さん熱心です。

    講義を聴く親子の様子

    熱心にメモを取っています。

    小学校の教科書

    生駒市で使われている小学校の
    「せいかつ」と「理科」の教科書

    プラグ苗のポット上げ(実習)

    12月の始めに、長底先生が種をまいて発芽した苗(プラグ苗)を、ポットに移して大きく育てます。
    ポットへの土入れの様子

    まずはポットに土を入れます。

    発芽した苗の様子

    プラグ苗です。全部で288マスあります。

    プラグ苗をポットに移している様子

    指で穴をあけたところに、
    ピンセットを使って、プラグ苗を
    つまみ、ポットに移します。

    クリックすると動画がご覧いただけます。

    花苗の鉢上げ(実習)

    ポットに移した苗は、2~3か月すると、りっぱな花苗に育ちます。次はいよいよ、花苗を鉢に移します(鉢上げ)。

    まずは、鉢に土を入れます。その後、花が外に向くように、ポットごと配置してみます。位置が決まったら、ポットから取り出して、元あったところに戻します。最後に空いたところに土を入れて、鉢を振ります。

    これで出来上がり!

    ビオラの苗の様子

    プラグ苗を2~3か月育てたビオラの苗

    鉢に土を入れた様子

    まずは(2~3cmほど)鉢の底に
    土を入れます。

    ポットを鉢に配置する兄弟の様子

    花が外を向くようにポットごと
    鉢に配置します。

    ポットを鉢に配置した様子

    鉢に配置し終わったら、もう一度
    イメージ通り配置出来ているかチェック

    ポットから出して戻した様子

    ポットから出して、元の位置に
    戻します。

    隙間に土を入れている様子

    最後に隙間に土を入れます。
    この方法なら土を掘らなくていいですね。

    後は、土を馴らして出来上がり!
    クリックすると動画がご覧いただけます。

    今回は花づくりについて、学び、実践してみました。長底先生の丁寧な講義、どんな質問にもすぐお答えくださる知識量にみなさん、どんどん引き付けられました。

    ビオラの花は5月頃まで楽しめます。今回ポット上げした苗には何色の花が咲くか、参加者の皆さんの家いっぱいになるのが楽しみです。

    次回の「花とみどりの楽校(気づき編)」は来年度に開講する予定です。皆さんのアンケートの結果や、今年度の講座で好評だったものを基に、今、スタッフ一同企画を考えています。詳しくは4月以降の広報でお知らせします。是非ご参加ください。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:5030