ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

あしあと

    iko mama bento のページ

    • [更新日:2021年3月16日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    「iko mama bento」完売しました!

    平成26年4月27日(日曜日)10時から販売した「iko mama bento」は、販売開始から約20分で売り切れとなるほど大好評でした!!
    お越し下さった皆さま、ありがとうございました。

    • 販売日時
       平成26年4月27日(日曜日)10時(注意)終了しました
    • 販売場所
       ベルテラス3階ベルステージ
    • 値段
       1個1,000円(税込)
    • 限定数
       50食

    iko mama bento(いこママ弁当)とは

    「自分の“好き”を持ち寄って、みんなで生駒市のご当地弁当を商品化しよう」

    平成25年度に生駒市が「COLOR」と協働で半年間実施した「いま、ここから。ママの一歩応援講座」から生まれたプロジェクト。(協働事業の実施のページはこちら)

    講座の受講に集まった生駒の30代~50代のママたちが、身近な「お弁当」を題材に商品開発のプロセスを学び、ターゲットの設定やマーケティングの方法を学びながら、グループディスカッションと試作を重ねたチャレンジが、ついにかたちになりました。

    メンバーからは「回を重ねるたびにできることを考え、自分を見つめ直す場でもあった」「生駒のことを知るたびにどんどん好きになりました」「苦しいこともあったけど、楽しかった。夢中になれたこの講座と素敵な出会いに感謝」という声があがりました。

    献立

    お弁当メニューは、一からメンバーが考案。
    生駒市鬼取町の鬼伝説と、竜田川が由来の竜田揚げをコラボさせた「鬼竜田揚げ」、生駒山をイメージした「スープジュレ」、生駒の酒造店から取り寄せた酒粕を使った「酒粕クッキー」など、まさに生駒がてんこ盛りです!

    • ごはん
       梅、かぶの葉、人参、宝山寺みそを使った4種類で春夏秋冬を表現
    • 前菜
       切り干し大根、ひじき、人参、枝豆、薄揚げ素焼きの甘酢ドレッシング和え
    • 黒豆&かぼちゃの塩麹ケークサレ
    • スープジュレ
       下は生駒山をイメージした緑の野菜のムース仕立て、上は夜空・星をイメージしたコンソメパプリカのジュレ
    • 鬼竜田揚げ
       竜田川が由来の竜田揚げからヒントを得て、鬼の金棒に見立てた竜田揚げ
    • 鮭の酒粕ソース焼き
       生駒の地酒を活かしたソース

    「iko mama bento」のレシピなどが見られるフェイスブックページはこちら(別ウインドウで開く)

    いこまま弁当の写真

    お問い合わせ

    生駒市地域活力創生部市民活動推進センター

    電話: 0743-75-6000

    ファクス: 0743-75-0151

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2021年3月2日]

    ID:2714