ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    合同講座2回目 花飾りや緑を探そう(バスツアー後編) 平成22年6月12日

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    (バスツアー後編)

    イモ山公園は北田原町にある面積41,871.25平方メートルの地区公園です。公園内には丘に連なる広々とした芝生広場や高低差を利用したせせらぎ、大きなネットジャングルジム等があり、天気の良い休日などは家族で出かけ、ピクニック気分でお弁当を広げると気持ちの良い公園だと評判です。
    また、テニスコート、グラウンド、プールのスポーツ施設が併設され、多くの市民に利用されています。

    イモ山公園樹林地

    丘を越えた先には樹林地が広がり遊歩道が整備されて、自然散策にも最適です。

    ここ、イモ山公園で森林保全ボランティア活動をしておられる「グリーンボランティア『いこま宝の里』」さんのお話を伺い、活動場所の見学をさせていただきました。

    GVいこま宝の里さんからのお話

    これまでの整備状況と今後の
    計画の説明。

    話すも聞くも森の中

    話すほうも聞くほうも森の中。

    住宅内にある身近な森は、市役所だけでなく地域の皆さんの力でも守られている。行政と市民による協働の実践の最先端を見学することができました。

    活動には、こんなお楽しみも。

    シイタケのホダ木

    間伐したコナラの原木に菌を植え付けた
    シイタケのホダ木。

    シイタケのホダ木2

    肉厚で美味しいシイタケが採れるとのこと。

    さて、ちょうどお昼になりましたので、ここらで昼食タイム。せっかく森の中にいるのですから、みどりに囲まれてお弁当をいただきました。

    お弁当タイム

    シートを広げて、
    気分はすっかりハイキング。

    パクリ

    あったか先生もお弁当をパクリ。

    樹木に囲まれお腹も一杯になって、気持ちも身体もリフレッシュ。休憩をはさんで、次の目的地に出発です。

    到着したのは鹿ノ台北2丁目にあるバスロータリー。こちらの花壇で花飾り活動をされている鹿ノ台自治連合会のフローラ鹿ノ台さんからお話を伺い、花壇を拝見しました。

    フローラ鹿ノ台さんの花壇

    綺麗に植えられている
    パンジーとマリーゴールド。

    パンジーとマリーゴールド

    手入れも行き届いています。

    鹿ノ台地区については、平成3年に住民発意により「地区計画」を導入されたことをはじめ、同年、「鹿ノ台親切美化推進委員会」を設立され、花や緑に関する活動も積極的に行われているなど、まちづくりに対する住民の意識は非常に高い地区です。
    フローラ鹿ノ台さんは鹿ノ台中央公園をはじめ、鹿ノ台地区の公園、沿道やこちらのバスターミナルの花壇などの花飾りを中心に活動してらっしゃいます。

    鹿ノ台Flower Avenue の看板

    「鹿ノ台Flower Avenue」の看板が
    意気込みを物語っています。

    フローラ鹿ノ台さんからのお話

    当日はかなりの暑さ。日陰が嬉しい!

    バスツアー最後の訪問先は、やはりココ。光陽台中央公園です。

    フローラ鹿ノ台さんの花壇

    お花がいっぱい!

    プランターでの花飾り

    プランターを駆使して園路にも花飾り。

    光陽台中央公園は平成17年度の「コミュニティパーク事業」によりリニューアルされた公園です。改修工事後、自治会内で「光陽台ひまわりの会」を結成し、そのコミュニティ力(ぢから)で公園を育てられてきました。
    そのコミュニティ力(ぢから)は、平成20年度及び21年度「花と緑の景観まちづくりコンテスト」で、2年連続最優秀賞獲得として結実しています。

    光陽台中央公園の花と緑の景観まちづくりコンテスト最優秀賞記念看板

    燦然と輝く2年連続最優秀賞記念。

    光陽台ひまわりの会さんからのお話

    「光陽台ひまわりの会」の代表の方に
    お話を伺いました。

    このバスツアーは、普段住み慣れた身近な場所でも、探せばたくさんの花・みどりの見所があることを発見してもらうことを狙いとしています。この光陽台中央公園は街区公園、どこのまちにでもある規模の小さな公園です。そんな公園でも地域の方々の働きで、みんなが憩えるスポットに成長しました。
    皆さんも一度、お住まいの近くにある小さな公園を訪れ、改めて見回してください。きっとどこかに見るべきところを発見できるでしょう。発見したならば、ご近所の方とその見所を共有してはどうでしょうか? そこから地域のコミュニティが生まれるかもしれません。公園育てが始まるかもしれません。
    数年後、皆さんの近くにある小さな公園が、花とみどりの楽校バスツアーの見学先になることを願っています。

    光陽台中央公園のシャガ
    光陽台中央公園のたくさん花をつけている様子
    光陽台中央公園のアヤメ
    光陽台中央公園のアリッサム
    光陽台中央公園の芝生と青空

    次回からは、花と緑に分かれての授業開始です。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1841