ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    合同講座7回目 花飾りや緑を探そう(バスツアー後編) 平成21年11月7日

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    生駒市の中北部にある北大和は平成元年にまち開きした新興住宅地ですが、第1から第17まである緑地に囲まれた緑の多い住宅地です。しかし近年は竹林の過繁殖による緑地の荒廃が、景観及び環境上問題となっています。

    そこで、北大和第3緑地では、寿大学卒業生で構成されている「寿大学 にしき会 里山クラブ」による竹林保全活動が行われています。

    北大和の式の森公園からの眺望

    四季の森公園から学研高山地区へ続く
    道路から、階段で降りていきます。

    きれいに間除伐された竹林

    皆さんが集まっている場所も、
    前は草が伸び放題でした。

    整備した方の森の活動の説明

    活動を始めるきっかけや目的、
    楽しみ方などを話していただきました。

    刈り取られた竹

    伐った竹の処理が、またひと問題。

    下草等をきれいに刈り取られた竹林の様子

    今では、こんな綺麗な竹林に!

    山、森林と見てきましたので、今度は花飾りです。あすか野交番前の花壇で活動している「あすか野花のボランティア ネムの会」のお話を聞きます。

    あすか野交番前の花壇の様子

    季節的にちょっと寂しいですが、
    それでもいっぱいの花。

    花壇の手入れをしてくださっている倉知さんのお話

    ネムの会代表の倉地さんのお話を伺いました。

    白いベゴニアのアップ

    可憐な花は、心を癒してくれます。

    赤いベゴニアのアップ

    癒される~。

    まちなかにある自然と言えば―。というわけで、本日のバスツアー最後に向かう場所は公園です。

    光陽台中央公園は平成17年度の「コミュニティパーク事業」によりリニューアルされた公園で、改修工事後、自治会内で公園愛護の会として「光陽台ひまわりの会」を結成し、会のみなさんの活動により、こんなに素晴らしい花の公園を作り上げました。

    光陽台中央公園の入り口
    光陽台中央公園の花壇

    また、「光陽台ひまわりの会」は平成20年度及び21年度の「花と緑の景観まちづくりコンテスト」において、2年連続で最優秀賞を獲得されるなど、緑化活動としてもコミュニティ活動としても高い評価を得ている団体です。

    光陽台ひまわりの会の方のお話

    「光陽台ひまわりの会」の皆さんから、
    公園活動のノウハウを伺います。

    光陽台ひまわりの会の説明

    イキイキとされてます。

    光陽台中央公園内を散策中

    公園内を散策。どこも絵になります。

    きれいに手入れされた芝生

    芝生も青々。普段の手入れが重要。

    受講生同士での意見交換

    受講生同士の情報交換にも花が咲く。

    光陽台中央公園を散策中

    見通しが良くてスッキリしている「憩える」公園。

    光陽台自治会の方のお話

    光陽台自治会の方からもお話を
    伺いました。

    光陽台中央公園内に設置されたフクロウの説明をしてくださる自治会の方

    フクロウもご紹介。

    綺麗な花を咲かせるには、常日頃からの世話が必要です。常日頃からの世話を行うには、地域に住むみなさんの協力なくしては成り立ちません。地域に住むみなさんが一致して協力するまちには、きっと幸福の花が咲くでしょう。光陽台中央公園には、私たちの目指す「まちの姿」があるのかもしれません。

    黄色と紫のビオラ
    赤いビオラ
    紫色の花のアップ

    次回からはいよいよ、緑の景観を考える講座シリーズの開始です。今までとは違う「視点」を学んでもらいます。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1638