ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    緑の講座6回目 平成21年10月24日(土曜日)

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    秋も深まり、大分肌寒くなってきました。
    しかし我が花とみどりの楽校緑の講座は、長袖にもう1枚はおっていても元気そのもの、今日はいつもの会議室から飛び出しイモ山公園で森林保全体験です。

    だけど、その前に。

    講義中の海老澤先生
    受講中の皆さん

    「里山の管理手法を学ぶ」として、まずは室内でお勉強。講師は「いこま里山クラブ」の海老澤長五郎さんです。海老澤さんは大阪府出身で生駒市在住。平成11年に「グリーンボランティならクラブ」に入会され、森林ボランティア活動を本格的に開始されました。平成16年に「グリーンカレッジ(国土緑化推進機構)」のマスターコースを修了、同年に「グリーンボランティならクラブ」の生駒市在住の主要メンバーによって、新たに森林ボランティアグループ「いこま里山クラブ」を設立されました。このような森林保全活動をしつつ、平成19年には「生駒市緑の市民員会」の委員もされ、さまざまな施策の審議をしていただくとともに、生駒市内のまちなかの樹林の現地調査もしていただくなど、緑に関する幅広い活動をされています。

    午前中は座学で、森林整備の概要と手法、道具の使用に関する注意や手入れ方法などを学習しました。

    お昼ごはんは外に出て、みんなでお弁当をいただきます。

    芝生の上で昼食
    丘の上で昼食
    ベンチに腰かけて昼食

    少し天気は悪かったですが、気分はピクニック

    午後からはお待ちかねの森林保全体験です。間伐材を利用しての階段作りを行いました。

    間伐材を切断している様子

    杭や横木の長さに合わせて切断

    ナタで杭先の加工を行っている様子

    ナタで杭先の処理をします

    かけやを使ってのくい打ち

    腰を入れて杭を打つ

    必死で杭を打っている様子

    親の仇とばかりに打つ

    杭打ちを補助している様子

    補助をする側も注意深く作業します

    間伐材で作った階段

    もう少しで完成です

    作業開始から約2時間。皆さんケガもなく、無事作業を終えることができました。

    作った階段の前での記念写真
    また別の方々の記念写真
    森林保全体験を終えた記念写真
    森林保全体験を終えた記念写真2枚目

    ご協力いただいた「いこま里山クラブ」の皆さんと記念撮影。一仕事終えて、皆さん満足そう。

    今回は自然の中に入って、ノコギリやカケヤを駆使し身体全体を使っての作業でした。皆さん、明日は筋肉痛でしょうか?しかし林の中で、酸素いっぱいの空気を胸いっぱいに満たし、仲間と協力して汗をかく今回の体験は、心地よい疲れと共に皆さんの思い出にずうっと残ることでしょう。

    講座に参加した全員の集合写真

    笑顔がまぶしい!

    次からは花と緑の合同講座です。次回はバスツアーに出発します。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1595