ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    緑の講座5回目 平成21年10月10日(土曜日)

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    10月に入り、暑さも和らいで学習するには一番良い季節です。
    しかし季節の変わり目でもありますので、体調に気を配らなければならない季節でもあります。
    気を引き締めなおして学習していきましょう。

    本日は午後のみの講義で、樹木医の有賀一郎さんによる、「樹木のボディランゲージとは」です。

    有賀さんは横浜生まれで、東京農業大学造園を卒業され、現在サンコーコンサルタント(株)に勤務されています。主な活動・所属としては、樹木医学会副会長、東京農業大学客員教授であり、またNPO法人自然環境復元協会の理事でもあられます。主な資格としては、樹木医他、環境再生医の上級、環境カウンセラー全国連合会(ECU)の環境教育環境学習インストラクター、その他数々の資格をお持ちです。

    今回は、樹木1本1本の性質、樹木が訴えていることや樹木の強さの秘密など「樹木のボディランゲージ」のお話のほか、「都市の中にある樹木の意味と価値」や有賀さんが携われてきた「住民による住宅地の森づくりと維持管理35年の記録」などについてお話していただきます。

    講義中の有賀先生

    樹木のお医者さんは知的で
    ダンディでした。

    受講中の皆さん

    皆さん学生時代に戻ったかのようです。

    先生が今まで診た様々な不思議な樹木の事例を紹介。生駒市にもこんなに不思議な樹がいっぱいあります。

    電線を取り込んだ樹木

    生長の過程で電柱の支線を
    取り込んでしまった樹木。

    樹木を突きぬく樹木

    後ろの樹の枝が前の樹木を貫いています。

    違う樹木同士がつながった樹木

    合体!

    不思議な木

    全体はこんな感じ。

    樹木にこぶが2つついている樹木

    まるでオブジェのよう。

    枯れ木に生える違う種類の樹木

    立ち枯れた樹木の途中から別の樹が生えてきました。

    普段なにげなく見ている木々も、先生のお話の後に見てみると、何かを語りかけているように思えます。

    次回はイモ山公園で、森林保全体験です。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1583