ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

検索

サイト内検索

現在位置

あしあと

    緑の講座3回目 平成25年7月20日(土曜日)

    • [更新日:2021年2月25日]

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

     

    今回は“野鳥の魅力を知ろう”として与名正三先生(フォトグラファー)をお招きした講義と野外観察、そして米本桂子先生(近畿大学エクステリアデザイナー)による“ビオトープネットワークってなに?”と題した講義と自然素材を使った工作実習を行います。

    私たちが暮らすまちなかにも、じっくり観察してみるといろいろな野鳥が生息していることがわかりました。鳥を観察することで私たちが暮らす地域の環境を推し量ることができるそうです。場所や季節によっても見かける種類が違います。足を運んだ先でちょっと観察してみるのも楽しいですね。

    午前中の活動(与名先生)

    与名先生の講義

    与名先生の野鳥の魅力についてのご講義。観察に使う双眼鏡の扱い方の説明も。この後の野外観察が楽しみです。

    野鳥観察の様子

    夏の青空のもと観察開始です。講義会場の北コミュニケーションセンター周辺を歩きます。

    野鳥を探している様子

    どんな野鳥がいるでしょうか。
    双眼鏡で探します。

    双眼鏡で野鳥を探す受講生達

    皆さん懸命に双眼鏡を覗いていますね。

    見つけた野鳥達

    電線にツバメの姿あり。

    ゆったりと泳ぐカモ。

    子育て中のツバメ。

    川床のクロサギたち。

    チュウサギが木の上に。

    午後からの活動(米本先生)

    午後からは室内で講義です。

    講義中の米本先生

    米村先生のご講義。ビオトープとは生物の生息空間のことです。自然離れの進む今日、教育現場でのビオトープ作りなども行われています。

    木片や木の実を使った工作実習

    童心に帰って?思い思いに工作を
    楽しみます。森に落ちているような
    素材もアイデアで私たちの生活の
    一部として生まれ変わります。

    出来上がったまつぼっくりの作品

    まつぼっくりを使ったかわいい
    作品ができました。

     次回は生駒の緑についての講義とモリ信仰についての講義です。実際に萩原町の「モリさん」見学にも出かけます。

    お問い合わせ

    生駒市都市整備部みどり公園課

    電話: 0743-74-1111 内線(緑化景観係:583 公園係:587)

    ファクス: 0743-74-9100

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    [公開日:2019年7月23日]

    ID:1568